空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

部屋探しのねらい目となる時期はいつ?閑散期とピーク期について

せっかく引っ越すのであれば、いい物件に出会いたいですよね。希望通りの物件を探すコツはいくつかあります。「時期を選んで物件探しをする」というのもそのひとつです。

この記事では、お部屋を探しやすい時期について解説します。繁忙期と閑散期、それぞれにメリットとデメリットがあるので、是非物件探しの参考にしてみて下さい。

部屋探しのねらい目となる時期は1月

部屋探しのねらい目となる時期は、1月です。1月になると新年度に向けて入居も退去も増えてきますが、まだ物件探しをしている人はそこまで多くないため、退去申し込みがなされた優良物件に出会える可能性が高くなります。

特に、一人暮らしの物件は1月から動き始めることが多いため、新年度に向けて引っ越しを考えている人は1月に探し始めるのがおすすめです。

部屋探しのピーク期は2月~3月

2月~3月は、不動産業界の繁忙期です。退去申し込みが多い時期なので物件情報自体は多く出回りますが、入居希望者も多いので「内見申し込みをしたときにはもう入居者が決まっていた」ということがあります。

また、あわただしい時期なので、店舗相談の予約が取りづらい可能性もあります。じっくり探すなら、この時期は避けた方が良いかもしれません。

ファミリータイプの物件は4~5月もおすすめ

一人暮らし向けの物件が動くのは1~3月ですが、それが落ち着いた春先になると、今度はファミリータイプの物件数が豊富になってきます。

結婚などで生活環境が変わる人の引っ越しが多いのがこの時期で、1LDK~2LDKほどの「カップル向け間取り」も多く出回ります。

梅雨~夏場はお得に引っ越せる可能性あり

6月~8月にかけては、引っ越し業界にとっての閑散期です。引っ越しをする人が少なく、物件数も多くはありません。しかし、閑散期ということは、お得な物件を探せる可能性があるということです。

春までに入居者が決まらなかった物件の賃料が値下げされたり、敷金礼金が見直されたりすることもあるので、この時期に引っ越す場合は掘り出し物を見つけるつもりで探すと良いでしょう。

新築物件が多い10月

10月は、新築物件がもっとも多く出回る時期だと言われています。「新築で探したい」という人は、この時期に探すのがおすすめです。

また、秋になると企業の人事異動や転職などが増えるため、1月~3月ほどではないものの物件の動きが盛んになります。繁忙期を避けつつ豊富な選択肢から選びたいという人は10月に引っ越すのも良いでしょう。

のんびり探せる11月~12月

11月~12月は、新年度に向けて徐々に物件数が増えていきますが、まだ繁忙期ではなく、じっくりと物件を探すことができるタイミングです。

「繁忙期の前に見つかったらラッキー」と思って、新年度に向けて早めのアクションを起こすにはぴったりの時期でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
物件探しのねらい目となる時期は1月ですが、1年を通してそれぞれの時期にメリットとデメリットがあります。引っ越すタイミングは自分で決められないことも多いので、いつ探すかだけでなく、探す時期の特徴を理解しておくことが大切です。

関連記事