空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

メゾネットタイプの物件とは?間取りの特徴や魅力を解説

不動産サイトや情報誌に目を通すと、「メゾネット」と呼ばれる物件が紹介されていることがあります。人気のメゾネット物件ですが、正しい知識を持っている方は少ないかもしれません。そこでこの記事では、メゾネットタイプの物件を解説し、メゾネットタイプならではの特徴や魅力をご紹介していきます。

メゾネットタイプとは?

メゾネットとは、集合住宅に用いられる物件タイプのひとつです。一つの住宅内部に内階段が設置され、2階以上の階層で構成される物件のことを指します。

日本語では複層住戸と呼ばれますが、フランス語の「maisonnette」を語源とするメゾネットという名称が浸透しています。

メゾネットタイプの特徴

メゾネットタイプの最大の特徴は、集合住宅でありながら、戸建て住宅のように複数フロアにまたがって居住スペースが作られている点です。階層分けされた物件内を階段で移動するため、戸建て住宅に暮らすような感覚を味わえます。

一般的に集合住宅の一棟すべてをメゾネットタイプとする例は少なく、1フロアのみで構成されるフラットタイプの物件をベースとして、限られたフロアのみをメゾネットタイプとして提供している住宅が多いようです。

メゾネットタイプの物件は大きく2種類に分けることができます。

1世帯が2つのフロアを持つ「1世帯2フロアタイプ」と、1階から3階までの3フロアに2世帯で住まう「2世帯3フロアタイプ」です。2世帯3フロアタイプでは、1階すべてと2階の半分に1世帯が入居し、3階すべてと2階の半分にもう1世帯が入居する形になることが多いです。

テラスハウスやロフトとの違い

物件の中に階層があるという意味では、メゾネットタイプはテラスハウスやロフトと似ているように思われます。メゾネットタイプとテラスハウス、ロフトにはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。

テラスハウス

テラスハウスは連棟式住宅と呼ばれる、一棟の建物の中で水平方向に連続した空間に、それぞれ別の世帯が入居するタイプの建造物です。小規模な一戸建てが壁を隔てて連なっているとイメージしていただければ良いでしょう。

メゾネット物件と同様に住戸は2階層になっていますが、集合住宅内のメゾネット物件に共有スペースやエントランスが存在することに対し、テラスハウスは各住戸に独立した玄関が設けられるなど、建築構造に違いがあります。

ロフト

同一フロアに設けられた中二階風の空間であるロフトは、建築基準法上「小屋裏物置等」と定義されています。ロフトにはフロアの床面積や天井の高さに制限が存在し、あくまでも収納スペースとされています。

賃貸物件によってはロフトスペースを生活空間として活用することも可能ですが、2階建てのメゾネット物件とは異なる建築構造です。

メゾネットタイプのメリット

メゾネットタイプの物件には多くのメリットが存在します。代表的なものは以下の通りです。

  • 居住エリアを分けられる
  • 日当たりが良好
  • 騒音対策がしやすい

居住エリアを分けられる

メゾネットタイプは上下に階層が分かれているため、フロアごとにまったく違った使い方をすることなどもできます。たとえば、プライベートな空間と仕事のスペースを分けるなど、活用の仕方は様々です。

日当たりが良好

メゾネット物件には吹き抜けがある間取りが多く見受けられます。上層階の窓から入ってきた光が下の階にも行きわたるため、家全体が採光しやすいです。

また、吹き抜けがある物件は天井が高く、開放感が生まれるというメリットもあります。螺旋階段やバルコニーがついている物件もあるので、ぜひ探してみて下さい。

騒音対策がしやすい

マンションの場合、子供やペットの声、いびきや足音といった生活音による騒音トラブルが起きてしまうことがあります。メゾネット物件なら、上層階に寝室や子供やペットの生活空間を設けることで、ある程度対策することができるでしょう。

メゾネットタイプのデメリット

メゾネットタイプのデメリットとして考えられるのは、次の3つです。

移動が大変

居住スペースが上下階に分かれているのはメゾネットタイプのメリットでもありますが、移動のたびに階段を利用しなくてはいけない点はデメリットだとも言えます。

掃除や洗濯など、家中を行き来しなくてはならない家事はフラットタイプよりも大変になるかもしれません。また、天井が高いため掃除が困難な箇所が出てくる場合もあります。

バリアフリー性が低い

多くのメゾネットタイプの物件は階段で階層を移動するため、バリアフリーに対応しているとは言いがたいという現実があります。今後はバリアフリーに対応したメゾネットタイプの物件も増えていくことが予想されますので、設備をよく確認してみて下さい。

居住空間を狭く感じやすい

メゾネットタイプは、階段が専有面積を多く占めるため、フラットタイプに比べると表記されている面積よりも狭く感じやすいと言われています。

内見の際には、階段下の収納や全体の間取りの使いやすさなど、実際に住んだ場合のイメージをしっかりしておくとよいでしょう。

まとめ

この記事ではメゾネットタイプの物件について解説してきました。メゾネットはフランス語で「小さな家」という意味であり、“集合住宅の中に存在する一戸建て”をイメージするとわかりやすいかもしれません。

ここまでメリットやデメリットを紹介してきましたが、内容はフラットタイプの集合住宅と比較したものであり、一戸建て住宅であれば一般的な条件と考えることもできます。

フラットタイプにはない多くの魅力を備えているメゾネットタイプ。新しい物件をご検討の方は、メゾネットタイプの物件を選択してみてはいかがでしょうか。

関連記事