空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

定期借家契約とは?メリット・デメリットと借主が知っておきたいこと

定期借家契約とは、更新ができない賃貸契約のことです。「契約期間が終わったら退去しなくてはならない」という条件が付いている分、相場よりも安い家賃で住める等のメリットがあります。

この記事では、定期借家契約のメリットとデメリット、借主が知っておきたい契約上のポイントを解説します。

定期借家契約とは

定期借家契約とは、あらかじめ定められた期間が満了したら、必ず契約が終了する賃貸契約です。

普通借家契約では、貸主は入居者からの更新の申し入れを正当な理由なく断ることができないため、”短期間だけ家や部屋を空ける”という場合には、所有者はその物件を活用する方法がありませんでした。そこで、このような住宅を有効活用するために生まれたのが「定期借家契約」です。

2000年に 「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」により 貸主への定期借家権が新たに導入されてから、貸主が期限を設けて物件を貸し出すことができるようになりました。

定期借家のメリット

定期借家の物件は気に入っても長く住むことができないと考えると、借主にとってはデメリットが大きいように思えます。

しかし、定期借家の物件にはうまみもあります。定期借家契約は、更新できない可能性がある分、物件のグレードに対して相場よりも安く貸し出されていることが多いのです。

例えば、一時赴任や進学などで住む期間が決まっている場合、気に入った物件が定期借家契約の物件であれば、むしろお得に気に入った家に住むチャンスということになります。

定期借家のデメリット

定期借家契約のデメリットは、契約期間が満了したら必ず物件を退去(契約解除)しなくてはならないところです。

住んでいるうちに「やっぱりもっと長く住みたい」となっても、定期借家の場合は契約を更新できません。大家さんとの交渉次第では、再契約を結んで住み続けることも可能ですが、あくまで交渉次第です。

貸主からすると、定期借家契約で貸し出すことで数年後に売却の予定がある物件などでも無駄なく活用することができるというメリットがあります。

定期借家を借りる際に借主が知っておきたいこと

以下に、定期借家を借りる際に知っておきたいことをまとめます。

更新できない

先に述べたように、契約締結時に定められた契約期間を終えると、更新して同じ物件に住み続けることができないことを確認しておいてください。

普通借家契約の物件は、借主に更新の意思があれば基本的に更新できるので、ここを押さえていないと「家を追い出されてしまった」ということになりかねません。

途中解約できない

定期借家契約では、契約期間中、借主からも解約を申し出ることができません。普通借家契約では、契約内容によりますが、任意のタイミングで解約することができるため注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、定期借家契約とはどのような性質のものなのか、また、どのようなメリットがあるのかを解説してきました。

定期借家契約は借主に更新の権利がないという点で借主にデメリットがありますが、条件が合えば、良い物件に割安で住めるお得な契約です。

また、大家さんとの交渉次第では更新してもらえるケースも多くありますので、気になる物件が定期借家契約だった場合は是非詳しい内容を調べてみて下さい。

関連記事