空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしに必要な調味料は? 自炊の有無によって異なるレパートリー

毎日の食生活に欠かせない調味料ですが、一人暮らしで沢山持つ必要はありません。自炊をあまりしない人であれば、醤油、塩、コショウ、マヨネーズの4種類あれば事足ります。

それでは、具体的にどのような調味料が必要になるのでしょうか。この記事では、一人暮らしに必須の調味料をご紹介。自炊派なら用意しておきたい調味料と、あると便利な調味料もリストアップしていきます。

調味料の定義と用途

調味料とは、料理をする際に調味を目的として使用される食材や材料を指します。主に調理中に用いますが、完成した料理に使用することも多く、いずれも味付けを目的としています。

調味料の種類は多岐に及び、甘味料や香辛料、出汁などが代表的な調味料として親しまれています。

自炊しない人に必要な調味料4種

自炊の習慣がない人が調味料を使うのは、買ってきた食材の味が足りないときや、味付けを自分でするタイプの料理を食べる時です。

そうなると、必要な調味料の種類は多くありません。 最低限常備しておきたい調味料は、以下の通りです。

  • 醤油
  • コショウ
  • マヨネーズ

醤油

日本料理の二大万能調味料の一つです。主に大豆や小麦などを原料としており、麹菌などによる発酵を経て作られます。日本の食生活には欠かせない調味料であり、調理方法を問わず、幅広い料理に使用することができます。

海水や岩塩から採取できる、代表的な調味料です。醤油と同様に食材や調理方法を選ばず、幅広く使用できる万能な調味料です。買ってきた食べ物の味を調整したい時に使えます。

胡椒

コショウ科に属する、つる植物の果実を原料とする調味料です。ブラックペッパーやホワイトペッパーなど、香辛料として広く使用できます。

マヨネーズ

主に卵と油を原材料とする調味料です。一人暮らしであれば、サラダなどに使用するドレッシングとしても重宝するでしょう。

自炊する人に必要な調味料5種

日常的に自炊を行う人には、上述した調味料に加え、以下の調味料が必要になるでしょう。

  • 味噌
  • 砂糖
  • みりん

これらの調味料があれば、基本的な料理は大体作ることができます。

味噌

醤油と並び、日本料理に欠かせない調味料が味噌です。発酵食品である味噌は、栄養価も高いことが知られています。味噌汁以外にも、野菜と和えたり炒め物に利用したりと、使い勝手の良い調味料です。

砂糖

サトウキビなど、植物原料のみで生成される調味料です。代表的な甘味料であり、料理だけでなくお菓子作りなどにも欠かせません。

サラダ油やオリーブオイル、ごま油などの食用油です。加熱調理に向いており、炒め物、煮物、揚げ物などには油が必須です。

酢酸発酵により生成される調味料です。酢豚や煮物などには欠かせず、ブドウ酢やりんご酢などの搾汁を使用した酢も存在します。

みりん

代表的な酒類調味料です。主に、肉や魚の臭みを消すために使用します。また、料理の旨みを引き立てる作用があることから、常備しておきたい調味料の一つです。

あると便利な調味料4種

いつもと違った料理や味が楽しみたい時に便利な調味料をご紹介します。持っているだけで自宅での食事のバリエーションが増えるので、おすすめです。

  • カレー粉
  • キムチの素
  • 七味唐辛子
  • コンソメ

カレー粉

代表的な混合香辛料です。カレーにはもちろんのこと、炒め物などにも有用な調味料です。

キムチの素

辛味調味料であるキムチの素も、様々な料理に応用できます。

七味唐辛子

名前の通り、7種の薬味や香辛料を混ぜ合わせた調味料です。麺類や汁物など、調理を問わず、幅広く利用することができます。

コンソメ

肉や魚、野菜を長時間煮込んだスープの一種です。市販されている固形タイプは、調味料としての需要も高く、スープ以外の料理にも使用できます。

まとめ

紹介した調味料はどれも一般的なものであり、すぐに手に入れることができます。日常の食生活において、調味料は欠かせない存在です。自分好みの調味料を揃え、日々の食生活を彩りましょう。

関連記事