空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

男の一人暮らしで最低限必要なものは?リスト形式で解説

男の一人暮らしには、必要なものが多く存在します。欲しいものをすべて揃えられれば良いですが、現実的には諸々の事情を鑑みた準備が必要です。この記事では、男の一人暮らしに必要なものを厳選し、優先度別にご紹介します。

男の一人暮らしの必需品【優先度:高】

生活必需品です。なければ生活自体に支障をきたすものであり、最優先に揃えておきたいアイテムです。まずは一覧で確認してみましょう。

寝具一式

ベッド、布団、マットレス、シーツなどの寝具一式は必須です。ベッドを選択する場合は、事前にスペースを把握しておきましょう。引き出し付きのベッドやロフトベッドならスペースも確保できます。 場所を取らないのは敷布団です。

カーテン

プライベート空間を守るための必需品です。窓の数やサイズに合わせて用意する必要があります。

照明

天井の照明は忘れがちな必需品です。暗い部屋で過ごすことのないよう準備しておく必要があります。もともと照明が付いている物件もあるため、内見のときにチェックしておきましょう。

冷蔵庫

一人暮らし用の冷蔵庫は、100L〜150Lサイズが一般的です。置き場所によって「右開き」「左開き」のどちらが良いか変わってくるので、間取りを確認してから購入しましょう。

洗濯機

洗濯容量は、5kg〜7kg程度のモデルが一般的です。また、購入前には設置スペースの確認を必ず行いましょう。ドラム式洗濯機などの大きな洗濯機は、物件によっては設置できない場合があります。

電子レンジ

一般的な使用には、20L程度で十分です。一人暮らし向けの電子レンジは各メーカーから手ごろな価格で販売されていますが、オーブン機能がついていないものを選べばさらに安く済ませることができます。

物干し竿・物干し

洗濯物を干すために必要です。忘れずに用意しましょう。

入浴・洗面グッズ・タオル類

入浴時に使う石鹸やシャンプー、洗顔料や洗面で使う歯ブラシ、歯磨き粉、剃刀などの消耗品は引っ越し当日から必要になります。うっかり忘れをしがちなので、よく確認しておきましょう。

トイレットペーパー・ティッシュ

定期的に必要になる消耗品です。

ゴミ袋

各市町村指定のゴミ袋を用意しましょう。

男の一人暮らしでできれば欲しいもの【優先度:中】

なくても生活に支障はありませんが、できれば用意しておきたいものをご紹介します。

たんす

衣類やその他の私物を収納するために必要です。押入れで事足りる場合には、必要ないかもしれません。

テーブル・デスク・椅子

住居内で仕事や作業を行う方には、必需品かもしれません。部屋の間取りやスペースに合わせたものを選択しましょう。

カーペット

フローリングの床には、カーペットやラグがあると便利です。

パソコン、インターネット環境

在宅勤務の方には必須であり、そうでない方も必要性を感じる機会が多いでしょう。インターネット環境を整えるためには、諸々の手続きが必要になります。

テレビ

部屋のサイズにもよりますが、10畳程度のスペースであれば、32インチ程度のテレビがおすすめです。

ガスコンロ

自炊をする方には必需品になります。

掃除機

掃除用のクリーナーや雑巾などでも代用できますが、利便性を考慮するならば準備しておきたい家電です。

食器類

自炊の有無に関わらず、最低限は必要になります。

薬類

風邪や怪我のために用意しておくと安心です。

男の一人暮らしであると便利なもの【優先度:低】

所有しておくことで、生活が楽になるものをご紹介します。

ソファ

スペースに余裕があれば検討してみましょう。

ラック類

本や小物を収納する家具です。こちらも必要に応じて検討しましょう。

トースター・ケトル

用途が限定的であり、他の家電で代用できることから優先順位は低いといえます。

アイロン

衣類の管理に必要ですが、必需品ではありません。

防犯グッズ

地震などの自然災害に備えて用意しておくと、有事の際に便利です。

文房具

ペンやマジックなど、最低限のものは準備しておくと良いでしょう。

まとめ

一人暮らしに必要なものは、個人のライフスタイルによって異なります。自分にとって必要なものを見極め、必需品から優先的に購入していきましょう。

関連記事