空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

男の一人暮らしに1階の物件はあり?知っておきたいあれこれ

部屋探しの条件ページを見ると「2階以上」という項目があるように、物件選びで1階を避ける人は少なくありません。この記事では、1階が敬遠される理由とその真偽を解説していきます。

1階が敬遠される理由

防犯面やプライバシーの問題

1階は空き巣や悪戯、洗濯物の盗難など、上階に比べて侵入が容易なために防犯面での不安を抱く人が多いです。また、1階は歩行者と目線が同じ高さになるため、通行人と目が合ったり、室内を覗かれる可能性があります。

1階が人目につきやすいのは事実ですが、これは侵入者からしても同じことです。見通しのいい1階の物件は、人目に付きやすいため侵入者から敬遠されやすいとも言えます。

虫の侵入や排気ガスのにおいなど

害虫の侵入にも気を配る必要があります。公園や森などに隣接する住宅であれば、なんらかの対策が必要です。また、交通量の多い道路や駐車場に面した物件では、排気ガスが気になることもあるでしょう。

しかし、高速道路などはマンションの2階以上の高さにあることも多いため、必ずしも1階だけが環境の影響を受けるわけではありません。立地によります。

湿気によるカビの被害

1階は地面に近いため湿気がこもり、カビも発生しやすいです。クローゼットにしまいこんでいる服には、定期的な換気などの対策が必要になります。

1階の物件に住む場合は、建物の除湿機能を事前にチェックし、除湿対策が必要になることを視野に入れましょう。

実はこんなにある!1階に住むメリット

実は、1階は条件が合えばお得な物件であることが多いです。メリットを見ていきましょう。

家賃相場が安い

集合住宅の賃料は同一ではありません。部屋の位置や階により、家賃に差があります。一般的には最上階の家賃が最も高く、下階の家賃は低く設定されています。月々の家賃を節約したい方にとって、1階の物件は最適な環境です。

毎日の出入りが楽

1階は、生活の中でエレベーターや階段を使用する必要がありません。地上に降りるまでに時間を要したり、隣人と顔を合わせる機会も少ないでしょう。

有事の際に対応しやすい

地震や火事など、自然災害時の避難が比較的容易です。玄関と窓の双方から脱出することが可能であり、下階やエレベーターのトラブルに巻き込まれる可能性も低いといえます。

契約前に確認したいポイント

代表的なメリットとデメリットを抑えた上で、契約前に見ておきたいポイントをご紹介します。

①立地

物件の位置は最も重要です。交通量の多い車道に面した物件や、屋外から室内の状況が把握できる物件は避けましょう。男性であれば、人通りが少ない場所にある物件を選択するのも良いでしょう。

②物件のセキュリティ

管理人や警備員、監視カメラ、オートロックなど、セキュリティ面の設備は重要です。市街地から離れた物件を検討する際には、必ず確認しておきましょう。

③駐車場の位置

ベランダの目の前に駐車場が完備されている物件では、排気ガスに注意が必要です。1階では、室内やベランダが排気ガスの被害に遭う可能性があります。駐車場とベランダの位置関係には、注意が必要です。

工夫次第で1階はお得に住める

デメリットが強調されがちな1階の物件ですが、上階にもデメリットがあることを忘れてはいけません。1階のデメリットは、契約前の内覧や生活の工夫により対策が可能です。

防犯対策

補助鍵やセンサーライト、窓ロックなどプラスアルファの防犯対策を講じることで、安心して住めます。また、玄関先にライトを点灯させておいたり、ポストを定期的に空にすることで、在宅アピールにもなります。

目隠しグッズの活用

すだれや植物、ベランダ専用のカーテンなどで気になる窓を隠すことができます。ただし、目隠しは侵入者に好都合になってしまう場合もあるので、よく気をつけましょう。

除湿器の活用

湿気が気になる部屋では、除湿器が便利です。また、排気ガスが気になる部屋では空気清浄機を使うなど、家電で物件のデメリットをケアできる部分も多々あります。

まとめ

1階の物件には、上階にはない様々な特徴が存在します。
男性であれば、犯罪被害のリスクは女性に比べて低いでしょう。どのような物件にも、必ずメリットとデメリットが存在します。自身のライフスタイルに合う物件が1階であれば、何の問題もありません。 物件探しの際には、それらを理解した上で契約するようにしましょう。

関連記事