空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしに魚不足は大敵! 魚の栄養効果と自炊なしでもできる摂取方法

食事の栄養バランスが崩れやすい一人暮らし。様々な栄養素を満遍なく摂取することが理想ですが、現実的には難しいでしょう。

中でも一人暮らしで陥りがちな問題といえば、魚不足です。この記事では、自炊をしない一人暮らしの方に向け、魚の栄養素や摂取方法をご紹介します。

魚不足に陥るとどうなる?

魚に含まれる栄養素の多くは、魚以外の食材にも含まれています。しかし、DHAやEPAなど、魚以外の食物から摂取することが難しい栄養素があります。

DHAは脳のための栄養素ともいわれ、脳細胞に欠かせない存在です。DHAに代表される貴重な栄養素は、意識的に魚を食べることで摂取しなければなりません。魚不足は、栄養バランスを崩す要因となり得るのです。

魚に含まれる代表的な栄養素

魚には健康維持に必要な、多くの栄養素が含まれています。人体にとって有用な成分と効果は、以下の通りです。

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、体内で合成できない必須脂肪酸の一つです。認知症の予防や視力低下の抑止効果などが期待でき、主に魚類の油に多く含まれています。

EPA

EPA(エイコサペンタエン酸)は、DHAと同様に必須脂肪酸の一種です。血栓の予防に効果的であり、心筋梗塞や動脈硬化の予防する働きを期待できます。摂取には、油分を多く含んだ魚が適しています。

ビタミン

体内ではほとんど生成できないビタミンですが、魚類には豊富に含まれています。ビタミンD、B6、B12、ナイアシンなどは魚類に豊富なビタミンであり、健康の維持に欠かせません。

必須ミネラル

人体に欠かせない栄養素が必須ミネラルです。中でも魚類には、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富であり、骨粗しょう症や熱中症の予防効果などを期待することができます。

タウリン

アミノ酸の一種であり、体温や血圧を一定に保つ役割を担っています。タウリンは魚介類に多く含まれていることがわかっています。

自炊なしでも魚を摂取する方法

自炊をしない方にとって、魚の栄養を摂取する方法は限られています。以下に、効率よく魚不足を解消するための方法をご紹介します。

缶詰

調理が必要なく手軽に購入できる缶詰は、魚の栄養素を効率よく摂取する手段としてオススメです。サバやイワシに代表される魚缶は、DHAやEPAを豊富に含んでいます。

惣菜

焼き魚や煮魚、フライなどの惣菜を購入する方法も良いでしょう。最近では、冷凍できるチルド惣菜も豊富です。

生魚

新鮮な生魚を食べるなら、刺身がオススメです。調理や解凍を必要としないことから、一人暮らしに向いた食品です。

サプリメント

魚が好みではないという方は、サプリを利用しましょう。DHAやEPAなどの必須脂肪酸を含んだサプリは、豊富な種類が市販されています。

【季節別】旬の魚

魚には最も美味しく食べられる、旬の季節が存在します。手に入りやすい代表的な魚を、季節ごとにご紹介します。

サワラ

DHAやEPAが豊富です。春が旬の魚は少なく、貴重な栄養源となります。

アジ

夏が旬の代表的な魚であり、DHAやEPAが豊富です。スーパーなどで、手軽に手に入れることができます。

カツオ

秋が旬である「戻りガツオ」には、脂質が多く含まれています。その他の栄養素も豊富であり、オススメの魚です。

ブリ

非常に栄養価の高い魚です。DHAやビタミン、タウリンなど、体に必要な栄養素を多く含んでいます。

まとめ

健康的な体を維持するためには、魚の栄養素が欠かせません。魚不足になりがちな一人暮らしでは、意識的に魚の摂取を心がけましょう。

関連記事