空間有効活用のエキスパート リブマックス

リブログコラム

【調査】朝食を毎日食べるビジネスマンは65%と判明!仕事の効率を上げるおすすめメニューとは?

皆さんは、朝ごはんを毎日食べていますか?
「食べようと思っているけれど時間がない」「なんとなく習慣にならない」という人も多いのではないでしょうか。

今回LiVBLOG編集部では、ビジネスマン100人に聞いた朝食の習慣についてのアンケートを元に、朝食の大切さを改めて考えてみました。忙しいビジネスマンにおすすめの朝食メニューもご紹介しますので、是非参考にしてみて下さいね。

ビジネスパーソン100人に聞いた!朝食を食べる割合は?

  • 基本的に食べる・・・65人
  • 食べたり食べなかったり・・・16人
  • 食べない・・・19人

8割以上が朝食を食べる習慣アリ

ビジネスパーソン100人にアンケートを取ったところ「基本的に食べる」人が最多の65人。毎日ではないが「食べたり食べなかったり」という人も合わせると、実に8割以上の人が朝食を摂る習慣があることがわかりました。

ビジネスマンにとって朝食のメリットとは?

それでは、朝食を摂ると、ビジネスマンにとってどんなメリットがあるのでしょうか?

体内時計が整う

朝食を食べることで、自分の身体に「朝ですよ」と知らせることができます。身体のリズムを整えるために、朝食は有効です。

脳と身体を起こす

起きたての私たちは、脳も身体もまだ目覚め切っていません。朝食を食べることで、寝ている間に消費したカロリーを身体に補充し、仕事を始めるために必要なエネルギーを脳に送ることができます。

スイッチタイムになる

できるビジネスマンは、スイッチタイムを持っています。仕事モードに切り替える習慣があるのです。

その行動は様々ですが「朝食を食べると仕事スイッチがONになる」という習慣を作れば、毎日メリハリをつけて仕事に取りかかることができるでしょう。

ビジネスマンにおすすめの朝食メニュー

チーズトースト

手軽に炭水化物を摂取するにはトーストがおすすめです。チーズを乗せて、たんぱく質も補いましょう。

余力があれば、卵や野菜、ウィンナーなどを添えてワンプレートでいただくのがおすすめです。

ゆで卵+オレンジジュース

卵は完全食とも言われるように、必要な栄養を一度に摂取できる食品です。朝食用にまとめて茹でて冷蔵庫に入れておいても良いですし、コンビニにも売っているのでいつでも食べたい時に手に入れることができます。

様々な栄養を含むゆで卵ですが、ビタミンは含まれないので、一緒にフルーツジュースなどを飲むのがおすすめです。

納豆

納豆は、タンパク質やカリウムをはじめとする様々な栄養素を含んだ食品です。しかも、小分けパックになっているので調理の手間がかかりません。

納豆と白米だけで立派な朝ごはんになりますが、インスタント味噌汁や卵、海苔などをプラスすることで豊富に栄養を取ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ビジネスマン100人に聞いた!朝食の習慣についてのアンケート」を元に、朝食の大切さを改めてご紹介してきました。

おすすめの朝食メニューを参考に、是非朝食習慣を取り入れてみて下さいね。

関連記事