空間有効活用のエキスパート リブマックス

お役立ち

今日から実践!ネガティブな気持ちを切り替えるためのテクニック

ミスやトラブルが原因で落ち込んでしまうことは、誰にでもあります。そんな時には、何らかの方法で気持ちを立て直さなければなりません。

この記事では、誰にでも今日から実践できる気持ちの切り替え法をご紹介します。

気持ちの切り替えが必要な理由

日常生活において、ストレスを完全に排除することはできません。しかし、溜まったストレスは上手に発散しなければ、身体にも精神にも様々な悪影響を及ぼすでしょう。

感じたストレスを溜め込まないうちに発散させるには、こまめに気持ちを切り替えることが大切です。

気持ちの切り替え方は人それぞれであり、自分にあった切り替え方法を身につけておく必要があります。上手に気持ちを切り替えられるようになれば、日常生活におけるストレスとの向き合い方も変わってくるはずです。

気持ちの切り替えが必要な人とは

「気持ちの切り替えが必要ない」という人はいないでしょうが、特に気持ちの切り替えを必要とする人は存在します。

以下のような傾向がある人は、気持ちの切り替え方法を会得することで、今よりも楽に過ごすことができるようになるかもしれません。

自己肯定感が低い人

自分が他人に比べて劣っていたり、能力が低いと思い込んでしまう人です。自己評価が低く、失敗の原因を自分に求めてしまいます。マイナス思考が癖になり、自信を喪失しがちです。

完璧主義の人

すべてにおいて、自分が完璧に納得しなければ気が済まない人です。自分に対する期待値が高すぎるあまり、些細なミスであっても許容することができません。激しく落ち込んだり、失敗を引きずってしまいます。

自己主張が苦手な人

自分の意見をはっきり口にできない人です。他人からの否定や反論を恐れ、自分の気持ちを抑制してしまう傾向があります。他人の意見に流されてしまうことから、ストレスを抱えやすいタイプです。

心配性な人

自分の言動に自信が持てない人です。他人からの視線や評価を気にしすぎ、マイナス思考が先行してしまいます。行動することに対する恐怖や、結果に対する不安がストレスを生みます。

オススメできる気持ちの切り替え方法

誰にでも実践できる気持ちの切り替え方法を、5つご紹介します。

適度な運動

軽度の負荷を体に与える有酸素運動は、脳にも良い効果をもたらすとされています。運動によってストレスを軽減できれば、気持ちを切り替えやすくなるでしょう。適度なウォーキングや、自宅での筋トレなどがオススメです。

瞑想

心身共にリラックスした状態で行う瞑想には、ストレスを沈める効果があると考えられています。瞑想には様々な種類があり、得られる効果も異なります。気持ちを切り替える方法として、瞑想を取り入れてみるのも良いでしょう。

人に話す

ストレスの原因を誰かに話してしまいましょう。本格的な相談でも、身近なおしゃべりでも構いません。溜まっている感情を吐き出すことで、心が軽くなるでしょう。会話の相手から、良いアドバイスをもらえる可能性もあります。

良質な睡眠

心と体の健康維持には、良質な睡眠が必要不可欠です。ストレスを感じている状態にある体は、自律神経のバランスが崩れている可能性があります。質の良い睡眠は自律神経を整える効果があり、気持ちを切り替えるための最も身近な方法です。

自分の時間を満喫する

好きなことに没頭する時間を作りましょう。誰にも遠慮せずに、自分のしたいことだけを実行することが重要です。好きなことに夢中になっている間は、余計なことを考えません。ネガティブな発想と距離を取ることで、精神に余裕が生まれます。

まとめ

ネガティブな発想やマイナス思考は、完全に排除することはできません。気持ちが落ち込みやすい人ほど、上手な切り替えが必要です。上述の方法を実践し、心身共に健康な毎日を過ごしましょう。

関連記事