空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

結婚式の二次会は何を着る? 男性が知っておきたい服装マナー

挙式および披露宴の後に開かれる二次会は、比較的カジュアルな雰囲気で行われます。オフィシャルな催しではない二次会ですが、服装におけるマナーがないわけではありません。この記事では、結婚式の二次会に参加する男性に向けて、知っておきたい服装マナーについて解説します。

二次会ではTPOを意識した服装を

TPOとは、「時と場所、場合によって適した服装を使い分ける」意識のことです。ネーミングは、時(time)・場所(place)・場合(occasion)の頭文字から取られています。TPOという名称自体は和製英語ですが、TPOに類似する意識は世界共通認識として浸透しています。

TPOの意識は、日常生活とは異なるオフィシャルな場において必要とされています。ビジネスシーンや冠婚葬祭の席、面接時など、状況に合わせ適切な服装を心がけることが、TPOをわきまえた行動といえるでしょう。

結婚式の二次会は、挙式や披露宴に比べ厳密な規則はありませんが、だからといって友人との飲み会や、家族と食事をする時のような普段着というわけにはいきません。二次会のTPOを事前に把握しておくことが大切です。

服装規定の3分類

まずは、一般的な服装規定(ドレスコード)の3分類を知っておきましょう。結婚式の二次会にふさわしいのは、ドレスコードの中では最もカジュアル寄りな「略礼装(インフォーマル)」です。

正礼装(礼装・フォーマル)

最も格式が高い服装。格式の高い結婚式や、公式な勲章の授賞式などで着用する。モーニングコート、タキシードなど。

準礼装(セミフォーマル)

一般的な結婚式や入学式などで着用する。ディレクターズスーツ、ダークスーツなど。

略礼装(インフォーマル)

結婚式の二次会やパーティなどで着用する。ダークスーツ、場面によりジャケパンスタイルなど。結婚式の二次会ではこの「略礼装(インフォーマル)」スタイルを着用するのが適当。

結婚式の二次会に相応しい服装

男性に相応しい二次会の服装は、スーツを基準に考えましょう。挙式や披露宴にも出席する場合はそのままの服装で参加して問題ありません。

二次会から合流する際には、会場となる場所の雰囲気や格式によって適切なバランスを決定します。

平服とは

結婚式の二次会では、「平服」という言葉を耳にすることがあります。平服とは服装規定(ドレスコード)に該当する分類の一つであり、略礼装に該当します。

迷ったらダークスーツ

服装に悩んだ際は、平服指定の有無に関わらずダークスーツを着用しましょう。

略礼装には厳密な規則はなく、スマートエレガンスやスマートカジュアルと定義されることもあります。許容範囲が広いため、慣れていないと迷うかもしれません。

ダークスーツならコーディネートの必要がなく、外すこともないので迷ったときにおすすめです。

ジャケパンスタイルも問題なし

平服指定があり、会場がカジュアルな場所である場合には、ジャケパンスタイルで問題ありません。スーツの柄やカラー、ネクタイの有無も細かい指定はありません。

具体的なアイテム選びについて

明確な規定のない略礼装ですが、普段着ではありません。以下に、基準となるアイテムを部位ごとにご紹介します。(※服装は二次会からの参加を想定しています)

アウター

ダークカラーのテーラードジャケットが基本です。一般的なダークカラーとは、ブラック・ネイビー、チャコール、グレーなどを表します。平服ではカラーに指定はありませんが、派手すぎる色味は避けましょう。

インナー

襟付きのシャツが基本です。ボタンダウンやビジネスシャツは避け、ドレスシャツを選択しましょう。ホワイトや淡いブルーの無地シャツが主流です。

パンツ

セットアップスーツの場合は問題ありません。ジャケパンスタイルには、ウールパンツを合わせます。

シューズ

革靴が基本です。カラーはブラックおよびブラウンを選択しましょう。革靴には多くの種類があり、それぞれに適した使用場面が存在します。中でもストレートチップは、守備範囲が広い革靴です。一足所有しておくと、様々な場面で着用できます。

まとめ

結婚式の二次会における服装には、明確な基準がありません。TPOをわきまえ、常識的な服装を心がけましょう。

関連記事