空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

今さら聞けない「当社/弊社/貴社/御社」の正しい使い分けは?シンプルに解説します!

ビジネスシーンでは「当社」「弊社」「貴社」「御社」という言葉をよく耳にしますよね。これらのビジネスワード、自信を持って正しく使い分けられていますか?

今回は、今さら聞けない「当社」「弊社」「貴社」「御社」の正しい使い分け方をシンプルに解説していきます。

自分の会社のことを指すグループ

「当社」と「弊社」は、どちらも自分(話し手)が所属する会社を指す言葉です。それでは、この2つの呼称はどのように使い分ければ良いのでしょうか。

「当社」は自社を指すフラットな言葉

「当社」は、一般的には社内プレゼンなどで使う言葉です。身内に向けた表現と言ってもいいかもしれません。単純な丁寧語で、フラットな印象を与えます。

「弊社」との使いわけのポイントは、次項で解説します。

「弊社」はへり下った表現

「弊社」は「当社」よりも謙った表現です。取引相手と話す時などは「弊社」を使った方が無難でしょう。

丁寧な印象になるためついつい頻繁に使ってしまいがちですが、だからと言っていつでも「弊社」を使えばいいわけではありません。

例えば、社外の人間に自社の企画、製品などを説明するときは「当社の商品は〜」と説明した方が堂々とした印象になり、説得力が増す場合もあるからです。

相手の会社のことを指すグループ

「御社」と「貴社」は、どちらも相手の会社のことを指す言葉です。どんな時にどちらを使えば良いのでしょうか。

「御社」は相手の会社を指す”話し言葉”

「御社」は、一般的に会話の中で相手の会社を指すときに使います。面接などで応募者が会社について話すときも、この言葉を使うのがベーシックです。

「貴社」は相手の会社を指す”書き言葉”

「貴社」は、メールや文書などの文章中で使う書き言葉です。口に出すことはあまりない言葉ですから、丁寧にしようと思うあまり口頭での会話中に使うと、相手に違和感を与えてしまうかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 「当社」「自社」は自分の会社を指す言葉
  • 「御社」「貴社」は相手の会社を指す言葉
  • 「御社」は話し言葉、「貴社」は書き言葉

これらのポイントを押さえておけば、ビジネスシーンで不安にならずに済むはずです。是非覚えておいて下さいね。

関連記事