空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスアイテム

ビジネスシャツとカジュアルシャツ|メンズシャツは種類によって使い分けよう

メンズファッションにおいて、ビジネス・プライベートに関わらず使用頻度の高いシャツ。一概にメンズシャツといっても様々な種類があります。

この記事では、メンズシャツの種類と特徴を解説します。シーンに合わせたシャツ選びの参考にして下さい。

シャツの定義

シャツには、厳密な定義があるわけではありません。

シャツと呼ばれる洋服はワイシャツ、Tシャツ、ポロシャツなど多種多様ですが、用途によって、ランニングシャツなどの「肌着」、ワイシャツなどの「中間着や上着」に区別することができます。

中間着や上着として着用するシャツには襟や袖、ボタンなどの装飾が施されています。これらのシャツの原型は、19世紀頃に完成しました。

中間着や上着としてのシャツは、さらに「ビジネスシャツ」と「カジュアルシャツ」の2種に大別されます。さらに、生地・柄・襟元・テイストによって種類を区別することが可能です。

ビジネスシャツの特徴

ドレスシャツとも呼ばれるワイシャツは、フォーマルアイテムの代表格です。ビジネスシーンで着用することを目的とし、スーツやネクタイと合わせてコーディネートすることが一般的です。

ビジネスシャツの主な特徴は襟元です。襟の形により着用シーンが異なります。生地には綿や麻、ポリエステルが使用され、無地柄が一般的です。

ビジネスシャツの種類

ビジネスシーンで用いる、代表的なシャツの種類をご紹介します。

レギュラーカラー

最も標準的なカラーです。襟の開きや長さが標準的であり、どのようなシーンにも対応できます。

ワイドカラー

レギュラーカラーと比べ、カラーの面積が広く取られている点が特徴的なシャツです。

ホリゾンタルカラー

左右の襟の開きが広く、スタイリッシュな印象を与えます。ネクタイとの相性が良いシャツです。

ボタンダウンカラー

左右の襟の先端が、ボタンで留められています。ビジネスシャツに中では、カジュアルよりのアイテムです。

ウィングカラー

襟先が、鳥のように折り返されているシャツです。結婚式など、祝いの席で用いられることの多いシャツです。

カジュアルシャツの特徴

ビジネスシャツに対し、プライベートシーンで使用するシャツ全般を「カジュアルシャツ」と呼びます。カジュアルシャツは種類や形状が豊富であり、着用に関する厳密なルールはありません。

一般的には、生地や柄、テイストによって区別されます。ビジネスシャツのような縛りはなく、それぞれのアイテムによって特徴は様々です。

カジュアルシャツの種類

代表的なカジュアルシャツをご紹介します。

オックスフォードシャツ

コットンやポリエステルを使用したボタンダウンシャツであり、カジュアルシャツの代表的なアイテムです。

デニムシャツ

デニム生地を使用したシャツです。インディゴの色落ちが特徴的なアイテムです。

フランネルシャツ

ウールやコットンを使用したシャツです。通称「ネルシャツ」とは、フランネル生地のシャツを指しています。

シャンブレーシャツ

薄手の染色糸と白糸を使用したシャツです。薄着の季節に需要の高いアイテムでしょう。

リネンシャツ

通気性や吸水性に優れたリネン素材のシャツです。主に夏場に着用されます。

TPOを意識した着用を

TPOとは、時と場所に合った服装を選択する意識のことを指します。シャツのように需要の高いアイテムでは、特に注意が必要です。メンズシャツを着用する際には、目的を明確にし、それぞれのシーンに合ったシャツを選択しましょう。

関連記事