空間有効活用のエキスパート リブマックス

PR

オーシャンビューの露天風呂が楽しめる『ホテルリブマックスリゾート宮浜温泉 Ocean』

宮浜温泉に一日中楽しめるリゾートホテルが誕生

2019年12月20日「リブマックスリゾート 宮浜温泉 Ocean」がオープンした。日本三景のひとつである宮島を対岸に、大野瀬戸の景色を楽しむことができるリゾートホテルだ。

50の客室には全室に露天風呂が備え付けられており、好きな時間にゆったりと宮浜温泉の湯を楽しむことができる。もちろん、大浴場も充実。宿泊棟の最上階で瀬戸内海を一望しながらの湯浴みは格別だ。

サウナや岩盤浴も完備されている
宮浜の自然を眺めながらくつろげるリクライニングルーム

大浴場に併設されているスパ施設「バーデゾーン」には、サウナや岩盤浴が完備されている。

一汗かいたら、宮浜の山並みを眺めながらくつろげるリクライニングシートに寝転ぼう。漫画を読みながら日常の慌ただしさを忘れる至福のひとときを満喫できる。

夏季には宿泊者が無料で利用できるプールとジャグジーが解放される

ホテルから1歩も外に出なくても良い施設づくりがコンセプトの「ホテルリブマックスリゾート宮浜温泉 Ocean」には、プールやジャグジー、リブマックスグループのリラクゼーションサロン「リラマックス」の店舗や、麻雀ルームにカラオケもある。

気のおけない仲間や家族と賑やかに楽しみたい。(麻雀ルームとカラオケはフロントにて要予約、15:00〜22:00)

大野瀬戸の大パノラマを一人占めする贅沢

フロア別に4つのテーマが設けられている客室にも注目したい。

夫婦や恋人同士でのんびりと過ごすなら心地よく繊細な和美麗ルームが、女子会や卒業旅行でわいわい楽しむなら、畳スペースとソファスペースが両方設けられた和モダン和洋室、洋モダン和洋室がおすすめだ。

最上階の客室には瀬戸内海の眺望を楽しめるオーシャンビューの客室露天風呂が備え付けられおり、大野瀬戸の美しい大パノラマを一人占めすることができる。

自慢のビュッフェで旬の食材に舌鼓

食事は、ビュッフェスタイルのレストラン「ライブキッチン&ビュッフェ」でいただく。ここでは、旬の食材をふんだんに使った贅沢なメニューの数々を、ビュッフェスタイルで心ゆくまで味わうことができる。

殻付き牡蠣や牡蠣フライ、がんすなどの郷土料理や、その場で焼いてもらえるローストビーフが自慢だ。夕食時には飲み放題プランを付けることもできる。

バーコーナーでは、ビールやハイボール、焼酎、酎ハイ、カクテル、ワインなど様々なメニューを楽しむことができる。

東京から飛行機と車で2時間15分の好アクセス

カップルや夫婦、ファミリーなど誰と訪れても楽しめる「リブマックスリゾート 宮浜温泉 Ocean」へのアクセスは、東京からの場合「羽田空港」から飛行機で約105分、「岩国空港」から車で約30分。

ピークシーズンは紅葉の綺麗な11月だが、リゾートの醍醐味は落ち着いた空間でのんびりと過ごせる所。2月や6月のオフシーズンにゆったりとおこもりリゾートステイを満喫するのもおすすめだ。

公式サイトからの予約なら常時5%割引が受けられる他、学割プラン、女子会プラン、シニア割引などの各種キャンペーンも実施している。日帰り入浴も可能。

関連記事