空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

洗濯機の引越しで知っておきたい注意点!水抜きは前日までに

洗濯機を引っ越し先に持っていく場合は、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。きちんと確認しておかないと、新居で洗濯機が使えずに困ってしまうかもしれません。

この記事では、引っ越しの前に確認しておきたい洗濯機の注意点と、水抜きの方法を解説します。

洗濯機を引越し先に持っていく場合の注意点

洗濯機を新居に運搬する際に気を付けるべきポイントは、次の3つです。

  • 新居の設置スペースと口金の形を確認
  • 引っ越し業者に設置まで行ってもらえるか確認
  • 水抜きを前日までにしておく

新居の設置スペースと口金の形を確認する

洗濯機には「ドラム式」と「縦型」の2種類があり、それぞれ大きさが異なります。最近の物件であればどちらにも対応できるスペースが確保されていますが、古い物件の場合、大きいサイズの洗濯機に対応できない可能性があります。

内見の際などに新居の洗濯機スペースを測り、持っている洗濯機を設置できるかどうか確認しておきましょう。

また、洗濯機本体と給水ホースを繋ぐ口金も事前に確認しておく必要があります。物件によって口金を接続する水栓が異なるため、確認しておかないと「せっかく持ち込んだ洗濯機が設置できない」という事態になってしまうかもしれません。

引っ越し業者に設置まで行ってもらえるか確認する

引っ越し業者によっては、洗濯機の設置に追加料金がかかる場合があります。申し込むプランの作業内容に洗濯機の設置が含まれているかどうか、事前に確認しておきましょう。

引越し作業を自分で行う場合、洗濯機や冷蔵庫などの家電だけ運搬してもらえるサービスも存在します。

前日までに水抜きを済ませておく

水抜きとは、洗濯機を運搬する際に内部の水が漏れだすことを防ぐために行う作業のことです。

洗濯機本体の内部や給水ホースの中には水が残っているため、運搬時に移動させたり傾けたりすると、中の水が出てきてしまいます。物件の床を汚してしまったり足を滑らせる原因になってしまうので、忘れずに水抜きを済ませておくようにしましょう。

水抜きの手順

水抜きの大まかな流れは次の通りです。作業時間は15分程度です。

  • 蛇口(給水栓)を閉める
  • 洗濯機を運転し、ホース内の水が抜けたら電源を切る
  • 給水ホースを蛇口(給水栓)から外す
  • 再度電源を入れ、脱水モードで運転する
  • 洗濯機から排水ホースを外す

それでは、詳しくみていきましょう。

①蛇口(給水栓)を閉める

まずは、蛇口(給水栓)をしっかり閉めます。

②洗濯機を運転し、給水ホース内の水が抜けたら電源を切る

次に、スタートボタンを押して通常通りの運転を始めます。機種によっては水抜き用のコース指定がある場合があるので説明書を確認してください。

数十秒運転し、給水ホースの水が洗濯槽に排出されるのを確認したら運転を止めます。

ドラム式洗濯機の場合には「糸くずフィルター」の水抜きも必要になります。フィルター内部のつまみを回すことで水を抜くことができます。洗面器やバケツを使って水を受けましょう。

③給水ホースを蛇口(給水栓)から外す

給水ホースを外すと水が出てくる場合があるので、雑巾やバケツを用意するなどして、こぼさないように注意して下さい。

④再度電源を入れ、脱水モードで運転する

洗濯槽に残っている水を、脱水モードで排出します。

⑤洗濯機から排水ホースを外す

排水ホースを取り外す際も、溢れてくる水に注意して下さい。

洗濯機を自分で設置する場合の注意点

洗濯機を自分で設置する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 接続部品の種類
  • 排水口の位置
  • 搬入経路

接続部品の種類

洗濯機を設置するためには、本体の他に接続部品が必要になります。コードや給水ホース、排水ホース、排水エルボ(洗濯機と排水口を繋ぐ接続部品)など、新居の設置スペースに合う型を確認しておきましょう。

排水口の位置

住宅により排水口の位置は様々です。状況によっては洗濯機を設置してから排水ホースの取り付けが困難なことに気が付く場合や、高さやスペースの調整が必要になる場合があります。入居の前によくチェックしておきましょう。

搬入経路

業者に委託する場合もそうですが、洗濯機の搬入経路を事前に確認しておく必要があります。エレベーターや玄関、住居内の通路が狭いと洗濯機を通すことができず、部屋の中に入れられないケースもあります。

洗濯機の設置業者の費用相場

洗濯機の設置・撤去は自力で行うこともできますが、業者に依頼するケースが多いでしょう。参考までに業者を利用する際の費用相場を記載します。

  • 引越し業者:平均15,000円程度(引っ越し作業全体を含む)
  • 専門業者 :平均5,000円程度

相場はあくまでも参考であり、価格は業者によって異なります。また、運搬距離や洗濯機の種類・サイズ、設置場所などによっても前後します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
洗濯機の運搬には水抜きなどの事前準備が必要になります。また、引っ越し先の設置スペースに合わない規格の洗濯機を持ち込んでも、新居で洗濯機を使うことができません。

「引っ越し先で今の洗濯機を使えるか」「引っ越しの前日までに水抜きを済ませたか」をきちんとチェックしておきましょう。

関連記事