空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

ウォークインクローゼットって何?クローゼットとの違いとは

使い勝手の良い物件には十分な収納スペースが必要不可欠です。最近では、衣類を収納するための設備としてウォークインクローゼットが備え付けられている物件も珍しくありません。

通常備え付けられているクローゼットとウォークインクローゼットの違いは、主に「空間の広さ」です。

この記事では、ウォークインクローゼットの定義とクローゼットの違い、活用するにあたって知っておきたいウォークインクローゼットの知識を解説します。

ウォークインクローゼットとは

ウォークインクローゼットとは、中に入り、歩く事ができるスペースが確保された収納スペースのことです。大きさの定義はありませんが、一般的には1畳〜3畳程度であることが多く、中で着替える事もできます。

ウォークインクローゼットの中にはあらかじめ洋服を収納するためのハンガーやパイプ、棚や仕切りなどが備え付けられていることが多く、洋服や小物を収納しやすい構造になっています。

ウォークインクローゼットの種類

ウォークインクローゼットは収納方法によっていくつかのタイプに分類する事ができます。

  • 収納棚全面タイプ
  • ハンガーメインタイプ
  • ユニット棚タイプ
  • ウォークスルータイプ

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

収納棚全面タイプ

壁面に収納棚が備え付けられているタイプのウォークインクローゼットです。小物や靴などの収納力に優れています。

ハンガーメインタイプ

ハンガーラックが完備された掛け収納型のウォークインクローゼットです。コートやスーツなど、シワが気になる衣類や形崩れしやすい洋服の収納に向いています。

ユニット棚タイプ

収納用の棚を追加する事ができるタイプです。ウォークインクローゼット用のスペースだけが確保されているタイプや、移動可能なユニット棚が備え付けられているタイプが存在します。

ウォークスルータイプ

クローゼット内に複数の出入口が設けられ、通り抜ける事が可能なウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットとクローゼットの違い

ウォークインクローゼットとクローゼットの最大の違いは「空間の広さ」です。

一般的なクローゼットは、室内の壁にはめ込まれており衣類の収納のみを目的としています。対して、ウォークインクローゼットは内部に入ることのできるスペースが存在し、多様な目的に使用可能です。

不動産物件の間取りでも「WIC」と「CL」と別々に表記されており、それぞれ異なる収納スペースとして認識されています。

ウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットのメリットは様々です。

衣類の一括管理が可能

洋服や衣類関係の私物を独立したスペースに収納する事ができます。管理がしやすく整理整頓を維持するにはとても便利です。

衣替えが必要ない

すべての洋服や衣類を一緒くたに収納できるため、季節による衣装の出し入れが必要ありません。衣替えとは無縁の生活を送る事ができます。

使い勝手が多様

ウォークインクローゼットには洋服や衣類以外にも様々なものを収納する事ができます。日常的に使用頻度が低いものや大きくて幅を取る物など、ライフスタイルに合わせて柔軟に利用することが可能です。

居住スペースとのメリハリが効く

部屋とウォークインクローゼットを繋ぐドアを閉めてしまえば、収納スペースと居住空間を完全に分ける事ができます。居住空間にものを置きたくない人におすすめです。

ウォークインクローゼットのデメリット

ウォークインクローゼットにはデメリットも存在します。

収納スペースが限定的

ウォークインクローゼット内部は、その多くを人が歩くことのできるスペースに利用しています。現実的な収納範囲はさほど広くありません。

居住スペースを圧迫する

ウォークインクローゼットはクローゼットに比べ専有面積が広くなります。空間が広く確保されていることにより、居住スペースが狭くなる可能性があります。

物置化する危険性

収納スペースとして便利な反面、意識的な管理が求められます。収納するものの種類や場所を決めて利用する必要があります。

掃除や湿気対策の手間

多くのウォークインクローゼット内部には窓や換気扇がありません。定期的な掃除や湿気防止対策が必要になります。管理が手間と感じてしまう方もいるでしょう。

まとめ

この記事では、ウォークインクローゼットとクローゼットの違いや、メリット・デメリットについて解説しました。どちらのタイプにもそれぞれの特徴があり、目的によって選択肢は変わってくるでしょう。

物件を探す際には自分自身のライフスタイルと照らし合わせ、使い勝手の良い収納タイプを決定しましょう。

関連記事