空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

意外と知らないユニットバスの定義!種類や特徴と合わせてご紹介

分譲や賃貸物件情報を閲覧する際に「ユニットバス」という表記を見つける事があります。

ユニットバスというと「風呂とトイレが同じ空間に備え付けられているタイプ」というイメージがありますが、実は「セット販売されているタイプの浴室」という意味です。

この記事では、意外と知られていないユニットバスの定義と種類、特徴について解説します。

ユニットバスとは

ユニットバスとは、あらかじめ浴室内の壁や天井、床、浴槽などの必要パーツをセットで生産し、施工現場に搬入した後に組み立て設置するタイプの浴室を指します。

すべてのパーツが一体化して浴室を形成している点が最大の特徴です。その設置過程からシステムバスと呼称されることもあり、現在では一戸建てや集合住宅を問わず、多くの住宅で用いられています。

ユニットバスは浴室とトイレが一緒という意味ではない

ユニットバスの一般的な認識として、浴室とトイレ及び洗面台が一緒くたになっているタイプを想像される方は多いでしょう。ですが、ユニットバスとは浴室とトイレが一緒という意味ではありません

ユニットバスは特徴的な工法に基づき定義されているため、洗面台やトイレの有無は関係なく、それぞれが独立して設置されている物件であってもユニットバスと定義される商品があるのです。

ユニットバスの種類

ユニットバスはタイプによって3つに分類されています。

  • 1点ユニットバス
  • 2点ユニットバス
  • 3点ユニットバス

1点ユニットバス

浴室のみで構成されるタイプのユニットバスです。浴槽と洗い場のみのシンプルな造りで、一般家庭にも広く浸透しています。

2点ユニットバス

浴室内に洗面台が設置されているタイプのユニットバスです。壁や天井、床を共有する空間内に洗面台があり、一室に収まっています。分譲物件に比べ、賃貸物件に多く採用されているタイプです。

3点ユニットバス

浴室内に洗面台とトイレが設置されているタイプのユニットバスです。壁や天井、床を共有する空間内に洗面台とトイレがあり、一室に収まっています。

主に単身者向けの賃貸物件などに採用されているタイプで、一般的なユニットバスというとこの「3点タイプ」をイメージする方が多いのではないでしょうか。

ユニットバスのメリット

在来浴室にはない独自の工程で施工されるユニットバスにはメリットとデメリットが存在します。

断熱性・耐熱性に優れている

ユニットバスは構造上の都合により壁や床との隙間がありません。機密性が確保できることにより、熱が外に逃げづらく高い断熱性を確保することができます。また、隙間から漏水する危険性も在来浴室に比べて低いことがわかっています。

掃除が楽

2点ユニットバスや3点ユニットバスであれば、洗面台やトイレと共にまとめて掃除が可能です。日常の家事を効率的にこなすことができます。

工期が短い

あらかじめ決められたパーツを組み合わせるユニットバスは、工事が早く、リフォームや改装により発生する施工期間を最低限に抑えることが可能です。

予算を抑えられる

ユニットバスのパーツには一般的に決められた標準規格が存在し、既製品として広く生産されています。材料費が安く施工にも手間がかからないことから、従来浴室に比べ安価な施工を実現することができます。

ユニットバスのデメリット

規格内のパーツを使用しなければならない

決められた規格内のパーツを使用するため、設計やデザインの自由度には制限が存在します。自身の理想的な浴室を完璧に再現することは難しいでしょう。

浴室スペースが手狭になる

2点ユニットバスや3点ユニットバスでは、洗面台やトイレが同じスペース内に存在します。必然的に浴槽スペースは限られ、限定的な空間の中で利用しなければなりません。

洗面台やトイレを同時に使用できない

浴槽や洗面台及びトイレを同時に利用することができません。家族住まいや同棲、来客時には不便に感じることがあるかもしれません。

湿気対策が必要

ユニットバスの多くは窓がありません。浴室は湿気がこもりやすく除湿対策は必須です。賃貸物件の場合には、壁のカビや備え付け備品のサビなどにも注意が必要です。

まとめ

ユニットバスには特徴の異なる3つのタイプが存在し、必ずしも浴室とトイレが同じ空間内にあるわけではありません。お部屋探しやリフォームを検討する際には、ユニットバスの特徴を正確に把握しておくことが大切です。それぞれのメリットとデメリットを理解し、自分自身にあった浴室タイプを選択しましょう。

関連記事