空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

賃貸物件の家賃引き落とし日はいつ?知っておきたい決まりごと

毎月の家賃の引き落とし日を把握していますか?自動引き落としの場合は「毎月27日」に設定されていることが多いようです。

しかし、支払い方法や物件の契約形態によっては引き落とし日が異なる場合もあります。

この記事では、一般的な家賃の引き落とし日の基準について解説します。指定期日に支払えなかった場合の対処法もご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

家賃の引き落とし日は「27日」が多い

多くの金融機関の口座振替の指定日は「27日」

口座振替(自動引き落とし)は多くの場合、金融機関によって引き落とし日が決まっており、家賃の引き落とし日は「毎月27日」に設定されているケースが多いようです(27日が土日祝日の場合は、翌営業日の支払いになることが多い)。

契約物件の引き落とし日を知るには、契約時の「賃貸借契約書」や「口座振替依頼書」を確認してみましょう。

賃貸契約では「前家賃」方式が一般的となっています。そのため「1月27日に2月分の家賃が引き落とされる」といったように、引き落とし日に支払われるのは、翌月一ヶ月分の家賃です。

27日以外に引き落とされるケース

契約形態や支払い方法によっては、27日以外に家賃が引き落とされるケースもあります。

保証会社を利用している場合

保証会社を利用している場合は、保証会社ごとに設定された独自の期日が引き落とし日となります。

保証会社とは、入居者が家賃を滞納した場合に立て替えて支払いを行う会社です。最近では、家賃保証会社の利用が義務付けられているケースも多くあります。

口座振替(自動引き落とし)以外の支払い方法を選択している場合

家賃の支払い方法は「口座振替(自動引き落とし)」だけではありません。「自動送金」という方法をとった場合、手続きの際に指定された任意の期日に支払いが行われます。

自動送金とは、送金先や送金日、金額等の情報を銀行に登録し、毎月指定日に指定口座へ定額を送金する方法です。送金日を自由に設定できるため、家賃の引き落としが27日とは限らないのです。

引き落とし日に家賃が支払えない場合

家賃は毎月決まった引き落とし日に支払う必要があります。

しかし、もし何らかの理由によって引き落とし日にお金を準備できなかったら、どうすれば良いのでしょうか。

管理会社に連絡する

家賃未払い状態のまま放置してしまうと延滞金が発生することもあります。 支払いが遅れることが分かった時点で、早急に管理会社に連絡を入れ、指示を仰ぎましょう。

具体的に振り込み可能な日時が判明している場合は、そのこともきちんと伝えることが大切です。

指定された方法で支払う

一般的に口座からの家賃引き落としは一度限りです。本来の引き落とし日に支払いが出来なかった場合には、改めて未払い分を支払う必要があります。

延滞の連絡を入れる際には、支払い方法をきちんと確認しておきましょう。基本的に、指定された口座に自分で直接振り込むことになることが多いです。

管理会社や大家さんが近隣にある場合には、直接現金を持参する方法もあります。いずれにしても早めに連絡を入れ、先方の指示に従って滞納分を支払うようにしましょう。

まとめ

賃貸物件の家賃引き落とし日は一般的に「27日」であることが多いですが、支払い方法や管理会社、大家さんによっても異なります。正確な引き落とし日は、契約時に渡される「賃貸借契約書」や「口座振替依頼書」で確認することができます。

家賃の支払い方法が「口座振替(自動引き落とし)」である場合には引き落とし日の変更はできません。支払いの滞りを避けるためにもしっかりと引き落とし日を把握しておきましょう。

関連記事