空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

賃貸物件における更新料とは? 知っておきたい基礎知識

賃貸物件に住んでいると、管理会社や大家さんから「更新料のお知らせ」が届くことがあります。賃貸における「更新料」とは、物件の契約期間を延長する際に支払う費用のことです。

更新料は地域や物件によって内容に差があるため、事前に正しい知識を身につけておくことが重要です。この記事では、賃貸物件における更新料について解説していきます。

賃貸における「更新料」とは?

賃貸における「更新料」とは、契約期間が満了する物件に引き続き居住したい場合に、毎月の家賃とは別で大家さんに支払う費用のことです。

賃貸物件の契約期間は「賃貸契約」によって定められています。期間は物件ごとに異なりますが、一般的には2年間であることが多いです。契約期間を超えて同一物件に住み続けたい場合には契約の更新が必要になり、更新の際に「更新料」を支払うことになります。

ちなみに、更新料は法律によって支払いが義務付けられているものではありません。物件によっては更新料の支払いがないこともあります。

更新料の相場

一口に更新料といっても、相場は地域や物件によって様々です。一般的には家賃の1~2ヶ月分という場合が多いですが、都心部や賃貸物件の需要が高いエリアでは、家賃の2~3ヶ月分ということもあります。

また、仲介に不動産会社を利用している場合には、更新料とは別に「更新事務手数料」や「更新手数料」といった費用が必要になることがあります。

更新料を支払う必要性

支払いの有無は賃貸契約書の内容次第

更新料の支払いは法律によって義務付けられているわけではありませんが、契約時に更新料についての双方の合意があり、賃貸契約書に金額などの内容が明記されていれば、支払いを行う必要があります。

賃貸契約書には物件を借りる上での様々な条件が記されています。更新料についても、支払いの必要がある場合は必ず契約書に記載があるはずですので、今住んでいる物件の更新料を確認したい場合は契約書を確認しましょう。

最高裁判例でも認められた有効性

平成23年には更新料の有効性に対する最高裁判所の判決が出されています。最高裁は、賃貸契約書に具体的な記載があることを前提に更新料の有効性を認めており、民法の基本原則に害するものではないと結論づけています。

参考:(https://www.zennichi.or.jp/「更新料に関する最高裁判決」)

更新料なしの物件はお得なのか?

更新料が必要ない物件は一見するとお得に感じるかもしれません。

しかし、更新料が必要な物件では、その分家賃が低く設定されていたり、管理費などが免除されていたりすることもあるので、一概に「更新料がない方がおトク」とは言いきれません。

更新料なしの物件を探す場合にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

家賃相場を確認する

更新料が必要ない代わりに家賃が相場より高く設定されていることがあります。金額によっては更新料がある物件よりも支出が増えてしまうかもしれません。更新料なしの物件を検討する場合は近隣の賃貸相場と比較してみましょう。

更新料以外の費用

賃貸契約で必要となる費用は、家賃や更新料だけではありません。敷金や礼金、火災保険料や鍵交換費用をはじめとする初期費用から、居住後には管理費や共益費なども必要になることがあります。

気になる物件を見つけたら、更新料以外の必要費用もきちんと確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、賃貸における更新料の意味と位置づけ、支払いの必要性について解説してきました。

更新料は、契約書に記載があれば基本的には支払う必要のある費用です。しかし、物件を借りる際に必要になる費用は、更新料だけではありません。

物件を選ぶときには、どんな費用がいくらかかるのかを確認し、納得のいく支払いができる物件を選びましょう。

関連記事