空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

理想の部屋探しのタイミングは引っ越しの2ヶ月前!入居までの流れを解説します

新生活や生活環境の変化に伴って引っ越しが必要になると、新しい住居を探さなければなりません。では、部屋探しはいつから始めるのが良いのでしょうか? この記事では賃貸物件を探す上でおすすめのタイミングや時期について解説します。

部屋探しを始める理想のタイミングは「2ヶ月前」

部屋探しを始めるタイミングは「2ヶ月前」がちょうど良いといわれています。

条件の良い物件は入居希望者も多いため、あまりにも早く気に入った物件を見つけても、契約するまでの間に先を越されてしまう可能性が高いでしょう。

また、賃貸物件には「予約」や「仮押さえ」といった制度がありません。入居のタイミングが早すぎると、二重に家賃を支払う期間が発生してしまいます。

もちろん、ギリギリになってからの物件探しもおすすめできません。現在の物件が契約満了間近の場合、転居先選びが難航して希望するタイミングでの引っ越しのめどが立たないと、更新料がかかってしまうかもしれないからです。

じっくりと物件を吟味した上で、希望のタイミングで入居できるタイミングを考えると、約2ヶ月前ということになります。

理想的な部屋探しの流れ

それでは、部屋探しから契約までの具体的な流れを見ていきましょう。

【2ヶ月前】情報収集を始める

不動産会社のホームページなどを活用すると、インターネットでも検索条件にマッチした物件を閲覧することができます。検索の際には希望エリア周辺物件の家賃や間取りの相場を調べておくと良いでしょう。

また、賃貸物件に求める条件を明確にしておくことで、物件探しを効率良く進めることができます。

希望条件の具体例

  • 家賃および管理費
  • 立地(駅までの距離や近隣の環境など)
  • 部屋の位置や間取り
  • 建物の設備(オートロックや駐車場など)

【1ヶ月前】不動産屋へ

気になる物件が見つかったら、不動産会社に連絡してみましょう。直接不動産会社に足を運んでも構いませんが、ホームページや電話であらかじめ連絡しておくとスムーズに内見できます。

実際に部屋を内見する際には、水回り、収納、部屋の配置や窓の大きさなど、細部まで丁寧にチェックしましょう。

【~2週間前】契約および引越しの手配

物件が決まったら、申し込みをします。賃貸契約では契約前に「入居審査」があり、審査結果の通達までには、平均すると3~10日前後必要です。

入居審査を無事通過したら、入居日に向けて引っ越しの準備を始めます。新年度などの繁忙期は引越業者の予約が取りづらい傾向にあるため、直前に慌てることのないよう早めに準備を進めましょう。

部屋探しは計画的に

いかがでしたでしょうか?
この記事では、いつから部屋探しをすれば良いかわからない方に向けて理想的な部屋探しのタイミングを解説してきました。

部屋探しの理想のタイミングの目安は「2ヶ月前」です。余裕をもって部屋探しを行って、理想の新生活を始めましょう。

関連記事