空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

「分譲賃貸」ってどういう意味?普通の賃貸との違いとは

賃貸マンションを探していると「分譲賃貸」という言葉を目にすることがあります。

この「分譲賃貸」とは、賃貸物件として借りられる分譲マンションのことです。とはいっても、一言ではどのようなものなのか、普通の賃貸物件とはどのように違うのか、あまりよくわかりませんよね。

この記事では、分譲賃貸マンションの意味と特徴、普通の賃貸マンションとの違いを解説していきます。

分譲賃貸とは

分譲賃貸とは「分譲マンションのうち、賃貸物件として貸し出されている物件」を指します。

分譲マンションとは、一部屋を買い上げるタイプのマンションのことです。賃貸マンションとは異なり、部屋ごとに持ち主がいることになります。

分譲賃貸は、購入した分譲マンションを、所有者がまた別の誰かに貸し出すことです。

分譲マンションが賃貸に出される理由はいくつかあります。多いのは「所有者の転勤などで住まなくなった」「もともと不動産運用のために購入した」などです。

分譲賃貸と普通の賃貸の違い

建物の強度

分譲マンションは、賃貸向けに建てられたマンションよりもしっかりした作りであることが多いです。建物自体の強度があるだけでなく、設備や耐震構造もしっかりしています。

マンション管理のグレード

マンションの管理の面でも、分譲マンションはグレードが高いです。例えば、管理人が常駐していたり、高頻度で清掃会社による建物内の清掃が入るなど、暮らしの質を高めてくれる要素がいくつもあります。

家賃

家賃に関しては、分譲賃貸の家賃は普通の賃貸マンションよりも高めになっています。ここまでに述べたように、マンション自体の造りがしっかりしており、管理費などもかかるからです。

具体的には、普通の賃貸マンションの相場よりも数万円高いといったところでしょう。

住民のマナー

分譲マンションは、マイホームとして購入して住んでいる人がほとんどです。そのため、入れ替わりの激しい普通の賃貸マンションに比べると、住民のマナーなどは安定していることが多いと考えられます。

分譲マンションを貸し出す理由

分譲賃貸マンションが貸し出されているのには、次のような理由が考えられます。

  • 所有者が事情により住めなくなった
  • もともと不動産投資目的で購入されている
  • 分譲マンションとしての買い手がついていない

分譲マンションを借りる際の注意点

分譲マンションを借りる際は「定期借家契約」に注意する必要があります。

定期借家契約とは、あらかじめ契約期間が定められている契約のことです。定期借家契約の物件に入居した場合、更新することができませんので、定められた期間の後は必ずその家を出なくてはなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、分譲賃貸の意味と物件の特徴、分譲マンションを借りる際の注意点について解説してきました。

分譲賃貸は比較的立派なマンションに賃貸で住むことができる魅力的な物件です。一方で、定期借家契約などの注意しておきたいポイントもあるので、入居を検討する場合は契約内容をよく確認しましょう。

関連記事