空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

引越しの際に必要な車に関する手続きとは?

引越しの際には煩雑な手続きがつきものですよね。住居の契約手続き、ライフラインの住所変更、引っ越しの予約など、やることはたくさんあります。

そんな中で忘れてはいけないのが、車関連の手続きです。この記事では、引越しの際に必要な車関連の手続きについて解説します。車を所有している方は是非参考にしてみて下さい。

引越しの際に必要な車関連の手続きは5つ

引越しに伴い必要になる車関連の手続きは以下の通りです。

  • 運転免許証の住所変更手続き
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)の申請手続き
  • 自動車車検証の住所変更手続き
  • 自動車税納税通知書の送付先変更手続き
  • 自動車保険の住所変更手続き

運転免許証の住所変更手続き

運転免許証の住所変更手続きは、次のいずれかの場所で行います。

  • 引越し先の住所を管轄する運転免許センター
  • 運転免許試験場
  • 警察署の窓口

住所変更手続きの際には、新しい住所が記載された書類を持参する必要があります。以下はその一例です。

  • 住民票
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証 など

運転免許証の住所変更に法律で定められた期限は存在しません。しかし、記載内容に変更がある場合には変更手続きが義務付けられていますので、速やかに手続きを行いましょう。

自動車保管場所証明書(車庫証明)の申請手続き

手続きは新住所を管轄する警察署で行います。申請期限は原則として自動車の保管場所を変更してから15日以内です。

申請には、次の書類が必要になります。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所の所在図、配置図
  • 保管場所使用承諾証明書(保管場所による)

車庫証明の申請には、2,000円の申請手数料と500円の標章交付手数料が必要です。詳細は自治体によって異なる場合があるので、手続きを行う地域のホームページなどを確認してください。

自動車車検証の住所変更

自動車車検証の手続きは、原則として住所変更から15日以内に行う必要があります。

車検証の住所変更を行う際の届け出場所は、普通自動車を軽自動車で異なります。普通自動車は管轄の運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会が手続き場所です。

運輸支局が変更になる場合はナンバープレートを取り替えることになるため、自動車を持ち込む必要があります。

車検証の住所変更に必要な書類は、次の5つです。

  • 自動車検査証
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車保管場所証明書(発行から1ヶ月以内のもの)
  • 新住所を証明する書類

自動車の所有者と使用者が異なる場合は、上記に加えて「所有者の委任状」が必要になります。

また、車検証の登録には手数料350円がかかり、ナンバープレートの取り替えが必要な場合は、別途ナンバープレート代が1,500円 がかかります。

自動車税納税通知書の送付先変更

自動車税の通知書は車検証に登録されている住所に送付されます。車検証の住所変更が完了していれば、その他に手続きは必要ありません。

車検証の住所変更が済んでおらず、納税までに猶予がない場合は、管轄の税務署(軽自動車の場合は役所や役場の課税課)に連絡する必要があります。手続きの詳細は各都道府県の市町村により異なるので問い合わせてみて下さい。

自動車保険の住所変更

住所が変わった場合は、自動車保険の会社にも通知する必要があります。手続きは各保険会社のホームページから行えるほか、電話でも可能です。また、代理店の窓口で手続きする方法もあります。

自動車保険は地域により保険料に違いがあることも珍しくありません。引越しにより自動車保険の住所変更が完了した際には、新しい保険料を確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、引っ越しの際に必要になる車関連の手続きについて解説してきました。

車関連の手続きには、法的な期限が定められていないものが多いです。しかし、手続きを怠ると免許の失効や税金の滞納などの可能性が出てきますので、引越しが一段落したら、すべての手続きを滞りなく済ませておくようにしましょう。

関連記事