空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

築年数の見方とは

新しい方が良いとは限らない!築年数の見方を解説します

物件選びで重視している人も多いであろう「築年数」。築年数は、必ずしも新しい方が良いとは限りません。

新しい物件は見た目が綺麗なだけでなく、設備も最新のものが揃っている感じがしますよね。しかし、古い物件の中には、広々とした使いやすい間取りの部屋や、家賃が相場よりもかなり安い部屋など、掘り出し物が多くあります。

この記事では、築年数で物件を判断する際のポイントと、築年数が古い物件のメリット・デメリットを解説していきます。

築年数の見方

築年数によって建物の種類はいくつかに分けられる

築年数とは、その名の通り「建築されてからの年数」を指します。築年数と使用状況によって、建物の新しさは主に3種類に分けられています。

新築物件は、建築から1年以内で、まだ誰も入居したことがない物件です。未入居でも、建築済証に記載された建築完了の日付から1年が経過した物件は、新築物件ではなくなります。

築浅物件は、竣工から3~5年程度の物件を指します。明確な定義があるわけではなく「新築ではないが、まだ比較的新しい物件」という意味で使われます。

築古物件は「ちくふるぶっけん」と読みます。築浅物件と同様に明確な定義があるわけではありませんが、大体築30年以上の物件を指すことが多いようです。

築年数で異なるポイントとは?

物件の外観

物件の見た目は、築年数が古くなるほど劣化していきます。内装が大幅にリフォームされていても、外観は改修されていない場合も多いです。

間取り

築年数の浅い物件は、部屋数が少なく合理的な間取りになっていることが多いです。昔に比べて、少人数世帯が増え、単身者向けのマンションが多く建てられるようになったからでしょう。

一方、築年数の古い物件を探すと、1DKタイプや2DKタイプなど、部屋数が多く面積が広い物件が見つかります。好みの間取りが見つかりそうな築年数を狙って探すのも1つの手です。

設備

築年数が新しいと、設備も最新のものが導入されていることが多いです。しかし、築年数が古い物件でも、内装のリフォームにより設備が全面リニューアルされている場合があります。

家賃

家賃は、築年数が古い方が安い傾向にあります。同じ立地と間取りでもかなり安く住めることもあるので、掘り出し物の物件を探すのなら築年数は広く設定しておくのがおすすめです。

耐震面

耐震面で基準となるのが、1981年6月1日に改正された「新耐震基準」に適合しているかどうかです。それ以前に建てられた物件であっても、耐震工事が行われている場合もあるので、気になる点があれば契約の前に質問しておきましょう。

築年数が古い物件のメリット

築年数の古い物件には「掘り出し物」がたくさんある

築年数は、新しいほうが綺麗で住みやすいと思われがちです。しかし、築年数が古い物件にもメリットが沢山あります。ここからは、築年数が古い物件のメリットを解説していきます。

家賃が安い

一般的に、築年数が古くなると家賃は安くなっていきます。「立地や間取りを重視しながら家賃を抑えたい」という希望を叶えてくれるのが、築年数の古い物件です。

リノベーションに向いている

築年数の古い物件は、リノベーションに向いています。 カスタマイズOKの物件を選べば、壁の色や水回りなど、部屋全体を自分好みに変えていくことができます。

リフォーム済みのお得な物件がある

築古物件の中には、内装が全面リフォームされて新築同様に綺麗な物件もあります。中には、水回りまですべて最新のものに替えたフルリフォーム物件も。このような物件は掘り出し物です。

雰囲気が良い

ヴィンテージのような雰囲気も、 築年数が古い物件の魅力のひとつです。「無機質な空間よりも温度感のある部屋の方が好き」という人は、ある程度築年数が古い物件を見ていくとお気に入りが見つかるかもしれません。

築年数が古い物件のデメリット

築年数が古い物件を選ぶときは、次の点をチェックしましょう。

設備をチェックする必要がある

古い物件を選ぶときに注意したいポイントは、キッチンやお風呂、収納部分といった設備も古い可能性があるところです。セキュリティ面においても、オートロックがなかったり、インターフォンにモニターが付いていなかったりします。

必要な設備は人によって異なるので「トイレ以外は古くても良い」といったように割り切ってチェックすると、自分にとって本当にお得な物件を見つけることができます。

耐震面をチェックする必要がある

昭和56年(1981年)に耐震基準法が大きく変更になり、耐震基準が「震度6~7の地震でも倒壊しない建物であること」とされました。古い建物であっても昭和56年以降に建築されていれば「新耐震基準」を満たしていますが、それ以前であれば満たしていない可能性もあります。

築年数が古い物件を選ぶ場合は、耐震工事が施されているかを確認した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、築年数で物件を判断する際のポイントと、良い物件の見分け方を解説してきました。

新築物件は、設備が整っていてデザインもおしゃれです。しかし、必ずしも自分の生活スタイルにマッチして住みやすいというわけではありません。

実際に住んだ時の使い勝手や部屋の雰囲気をシュミレーションして、ぴったりな部屋を探してみて下さいね。

関連記事