空間有効活用のエキスパート リブマックス

引越しガイド

引越しの費用相場はいくらぐらい?節約できるポイントとは

何かとお金がかかる新生活。引っ越しにかかる費用はできるだけ抑えたいものですよね。

引っ越しの費用は、移動距離や時期、荷物量や世帯の構成人数といった条件により前後します。できるだけ安く引越しを行うためには、相場と節約のポイントを知っておくことが大切です。

この記事では、一般的な引越しの費用相場や節約のポイントをケース別にご紹介します。

引越しの費用相場【一人暮らし】

一人暮らしの場合、引っ越しの費用相場は次のようになっています。(※費用の推定幅は荷物量によるものです)

移動距離通常期(5〜2月) 繁忙期(3〜4月)
市内
(~15km)
平均33,000円〜44,000円平均39,000円〜53,000円
都道府県内
(~50km)
平均36,000円〜45,000円 平均43,000円〜56,000円 
同一地方
(~200km)
平均45,000円〜57,000円 平均50,000円〜70,000円 
近隣地方
(~500km)
平均53,000円〜73,000円
平均54,000円〜85,000円
遠方地方
(501km~)
平均59,000円〜85,000円
平均64,000円〜99,000円 

一人暮らしの引っ越しの費用相場は4~7万円程度です。距離や時期によっては10万円程度かかることもありますが、単身パックなどを活用した場合、3万円程度に収まる場合もあります。

引越しの費用相場【二人暮らし】

二人暮らしの場合、引っ越しの費用相場は次のようになっています。

移動距離通常期(5〜2月) 繁忙期(3〜4月)
市内
(~15km)
平均60,000円平均70,000円
都道府県内
(~50km)
平均65,000円 平均90,000円
同一地方
(~200km)
平均95,000円 平均120,000円
近隣地方
(~500km)
平均135,000円 平均150,000円
遠方地方
(500km~)
平均180,000円 平均240,000円

二人暮らしの引っ越しの費用相場は、近場なら6~8万円程度、繁忙期に遠方へ引っ越す場合は20万円前後と幅があります。

ただし、荷物が少ない世帯や新居で家具を揃える予定の世帯であれば、一人暮らしと同じくらいの価格帯で引っ越せる場合もあるでしょう。

引越しの費用相場【家族】

仮に4人家族で引っ越すとすると、費用相場は次のようになります。

移動距離通常期(5〜2月) 繁忙期(3〜4月)
市内
(~15km)
平均97,000円平均115,000円
都道府県内
(~50km)
平均107,000円平均125,000円
同一地方
(~200km)
平均132,000円平均163,000円
近隣地方
(~500km)
平均153,000円平均220,000円
遠方地方
(500km~)
平均200,000円平均260,000円

4人家族で引っ越す場合の費用相場は、10万円~20万円程度です。家具などの持ち物が多く引っ越し距離も遠い場合は、20万円以上かかることもあります。

引越しに必要な費用の内訳

引越しに必要な費用は大きく5つに分類することができます。

  • 基本運賃
  • 変動費
  • 資材費
  • 割増運賃
  • 各種オプション費

基本運賃

引越しの運賃は国土交通省が定める「標準引越運送約款」を基準に制定されており、業者ごとの基準価格に大きな差はありません。

基本運賃は時間によって決まる場合(時間制)と、距離によって決まる場合(距離制)があります。

【時間制】引越し先までの距離が100km以内の場合。4時間制と8時間制がある。

【距離制】引越し先までの距離が100km以上の場合。距離により基本価格が変動する。

基本運賃は「上下10%の範囲内における料金の割増・割引」が認められており、各業者ごとの裁量に委ねられています。

〈参考〉国土交通省 近畿運輸局(引越料金のしくみ)

変動費

時間や距離による基本運賃以外にも、様々な条件により料金が上下します。代表的な変動費は、次の2つです。

  • 車両数
  • 車両の大きさ

引越しでは、荷物量に合わせて1t車〜6t車が使用されることが一般的です。荷物が増えれば使用する車両の大きさや数も増えるため、費用が高くなります。

資材費

電子機器や破損の可能性がある荷物を梱包するためのプチプチやダンボール、布製の資材などを業者が用意してくれる場合があります。

  • ダンボール
  • プチプチ
  • ガムテープ
  • 家具用の梱包キット

資材費は、無料サービスとして基本料金に含まれている場合と、有料オプションになっている場合があります。

割増運賃

次のような場合、割増運賃が必要になることがあります。

  • 直前の予定変更
  • 見積もり外の荷物運搬
  • 繁忙期の引っ越し
  • 深夜や早朝の引っ越し など

割増の金額は業者によって異なりますが、基本料金の2割〜3割程度が請求されることが多いです。

各種オプション費

引っ越しの付帯作業を有料で行ってくれる業者もあります。

  • エアコンの取り付け
  • ピアノや特殊家具の運搬
  • 不用品の処分 など

オプションの内容や費用は業者によって差があるので、必要な付帯作業を請け負ってくれる業者を探してみましょう。

引越し費用を節約するポイント

引越しの費用は工夫することで安く抑えることができます。引っ越し費用を節約するポイントは次の4つです。

  • 繁忙期を避ける
  • 業者ごとの見積価格を比較する
  • 日程や時間帯を指定しない
  • 荷物の量を減らす

繁忙期を避ける

引越しが最も頻繁に行われるのは、進学や就職する人が多い3月と4月です。この時期の引越しは通常期に比べて料金が高く設定されています。

引越し時期をある程度調整できる場合は、できるだけ費用を安く抑えることのできる通常期を選択しましょう。

業者ごとの見積もり価格を比較する

引越し費用は利用する業者ごとに異なります。複数の業者の見積価格やサービス内容を比較検討し、お得に引越しができる業者を見つけることが大切です。

日程や時間帯を指定しない

費用の節約を最優先に考えるならば、おすすめなのは「日程や時間帯指定をしない」という方法です。

業者によって「フリープラン」「フリー便」など名称が異なりますが、指定がない分荷物を安く運搬してもらえます。

荷物の量を減らす

引っ越しの料金を決めるのは「距離」と「荷物量」です。距離はコントロールすることができませんが、荷物は事前にできるだけ処分しておくことで、引っ越し料金を安く済ますことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、ケースごとの引っ越しの費用相場と、引っ越し費用節約のポイントを解説してきました。

引越しの費用相場は条件によって大きく変動します。引越しの際には、業者ごとの費用相場を把握した上で、節約ポイントを抑えてコスパの良い引越しを実現しましょう。

関連記事