空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしの生活費はどれくらい?費用の内訳も解説します

家賃を払う、朝食にパンを食べる、切らしてしまったトイレットペーパーを買う、洗濯機を回す・・・一人暮らしを始めると、とにかく一つひとつの行動にお金がかかることに気がつくはず。

漠然と一人暮らしを始めると、意外とかさむ生活費の金額に驚くことになるかもしれません。

この記事では、一人暮らしに必要な生活費の目安と内訳を解説していきます。男女別・生活費のシュミレーションもご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

一人暮らしにかかる生活費は10〜15万円

一人暮らしにかかる生活費は10〜15万円程度

一人暮らしにかかる生活費は人によってまちまちですが、一つの目安となる額は10〜15万円です。一般的な出費の項目には以下のようなものがあります。

  • 家賃:50,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 通信費:10,000円
  • 交通費:0円〜10,000円
  • 食費:10,000円〜30,000円
  • 消耗品費:5,000円
  • 交際費:15,000円
  • その他:0円〜20,000円

このように、一人暮らしの生活費に必要な出費の項目はたくさんあります。各項目の金額は個人差が大きいので、具体的な生活費のシュミレーションを見てみましょう。

一人暮らしの生活費をシュミレーションしてみよう

生活スタイルによってかかる費用は変わってくる

大学生の一人暮らしにかかる費用

まずは、大学生の一人暮らしにかかる費用をシュミレーションしてみましょう。

内訳(円)備考
家賃67,500・都心にある大学の最寄駅のワンルーム物件
光熱費10,000
通信費5,000・スマホのみ、格安SIMを利用
交通費5,000・最寄駅に住んでいるため通学代はかからない
食費30,000・学食やコンビニがほとんど
消耗品費3,000
交際費10,000
雑費9,000・サークル活動に必要なウェアなどの費用
合計139,500

追加の教材の購入費用、サークルの活動や趣味、休日に使うお金を含めると、この男子大学生の場合は月に15万円くらい必要になりそうです。

一人暮らしで自炊をしない場合、3食きちんと食べると1食500円と仮定しても月に35,000円の食費がかかってしまいます。自炊を取り入れることで、生活費を大幅に節約することが可能です。

都心に住むとなると、ワンルームマンションでも6万円以上かかることが多いですね。

家賃相場が低いエリアに住むのであれば、この試算よりも2~3万円程度安くなると思います。

社会人の一人暮らしの費用

続いて、会社勤めの20代女性の一人暮らしにかかる費用をシュミレーションしてみます。

内訳(円)備考
家賃87,000・オートロック付きの1Kマンション
光熱費10,000
通信費7,000・大手キャリアのスマートフォンと自宅用Wi-Fi
交通費4,000
・休日の利用分のみ
食費20,000・会社にお弁当を持参している
消耗品費3,000
交際費15,000・外食は週に1度くらい
雑費20,000・美容院、コスメ、洋服など
合計166,000

交際費や美容代にもお金を使う女性20代の女性なら、月に17万円程度の生活費が必要という試算になりました。

女性はオートロックなどのセキュリティ独立洗面台の有無などを重視する場合が多く、男性よりも家賃が少し高くなる傾向にあります。

これらの金額は、あくまでも一例です。これから一人暮らしを始める人も、今かかっている生活費を見直したい人も、自分の一人暮らしにかかる生活費の内訳を一度整理してみましょう。

一人暮らしの生活費の内訳は?

家賃

家賃は、一人暮らしの生活費の中でも高額な出費です。地域や間取りによって相場が大きく異なるため、生活費全体の金額を左右する項目でもあります。

私が上京して初めて住んだ物件の家賃は、45,000円でした。

オートロックやバストイレ別、駅からの距離などの条件を満たす物件を探すとなると、同じ街にある物件でもどんどん家賃は高くなっていきます。譲れないポイントはできるだけ絞って探すのがおすすめです。

光熱費

光熱費は、実家に住んでいるとあまり意識することがありませんが、一人暮らしをする上で必須の項目です。

部屋の電気やエアコンなどの家電製品を使うのに必要な「電気」、お風呂のお湯を沸かしたりコンロの火を供給してくれる「ガス」、水道やトイレで日々の暮らしを守ってくれる「水道」、これらのライフラインは生活していく上で不可欠なものなので、光熱費は家賃の次に重要な出費だと言えるでしょう。

どの物件に住んでいても、月々10,000円前後になることが多いです。

通信費

ここ数年で生活費の必須項目になった、通信費。一人暮らしならスマートフォンだけ利用するというケースもありますが、パソコン用のインターネット環境も整えるとなると、月に1万円〜2万円程度の出費になることも

格安SIMなどを活用することで出費を抑えることができます。

交通費 / 車の維持費

通勤にかかる費用は会社から支給されることもありますが、通学用の定期代や遊びに行くときにかかる電車代、バス代は自分で支払わなくてはなりません。

車やバイクを利用する人は、維持費がかかります。駐車場代や自動車保険、車検代などです。こちらも年間で計算すると結構大きな出費になります。

食費

コンビニ弁当や外食にばかり頼っているとあっという間にお金がなくなってしまいますが、自炊を徹底すればかなりの金額を節約することができます。食費は、生活費のキモと言えるでしょう。

生活費をコントロールしたいのなら、まずは食費を見直してみるのがおすすめです。

消耗品費

シャンプーやリンス、コンタクトレンズに電球、ゴミ袋、掃除道具など、一人暮らしを始めてみると必要な消耗品類の多さに気づくはず。一つひとつは高額ではありませんが必須の出費です。

コンタクトレンズをまとめ買いすると、結構大きな出費になりますよね。

娯楽・交際費

交際費は、友人や会社の人たちとの飲み会や食事会にかかる費用です。一人暮らしをするなら周りの人とのコミュニケーションの場も大切にしたいところですが、飲み会や食事会は一度で数千円かかるため、見境なく参加していたらあっという間にお金がなくなっていてギョッとする、なんてことも。

ご祝儀やプレゼント代なども交際費になるため、お祝いの席送別会などが重なると、想定外のタイミングで大きな出費になることも多い項目です。

その他(洋服、趣味、美容など)

洋服や美容院など身だしなみにかける金額や趣味にかけるお金は、ライフスタイルによってまったく異なります。

ほとんどかからないという人もいるかもしれませんが、頻繁に洋服を購入したり趣味の出費が多い人にとっては毎月数万円の出費にもなる項目です。

急な出費への備えも忘れずに!

一人暮らしには想定外の出費がつきもの

ここまでに紹介した生活費の内訳は、毎月必ずかかるものです。一人暮らしを始めると、急な出費にも備えておかなくてはなりません。

  • 風邪を引いたときに病院にかかるお金
  • 急に帰省することになった場合の交通費
  • 水道が壊れた場合の修理代

このような予期せぬ出費は、いつあるかわからないもの。毎月の生活費にはできるだけ余裕を持たせておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、一人暮らしに必要な生活費の目安と内訳を解説し、男女別・生活費のシュミレーションもご紹介してきました。

一人暮らしにかかる生活費の内訳は様々です。工夫次第で節約できるポイントもあるので、予算に合わせた生活スタイルをシュミレーションしてみましょう。

関連記事