空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしの適切なアンペア数は?変更する場合の注意点を解説

一人暮らしをしている方で、自分の家は適切なA(アンペア)数なのか気になっている方は多いのではないでしょうか?

適切なA(アンペア)数を把握しておくことで、電気料金の見直しや、快適な生活を送るのに必要な電力を知ることができます。

この記事では、一人暮らしに必要なA(アンペア)数やA(アンペア)数の確認方法・変更方法を解説します。

一人暮らしの平均は30A(アンペア)

一人暮らしで使用されているA(アンペア)の平均は「30A(アンペア)」です。

家電の使い方や部屋の大きさによっても必要アンペア数は異なりますが、一人暮らしの場合、30Aあれば余裕を持って生活できると言われています。

A(アンペア)とは?

A(アンペア)とは、使用できる電気の量のことです。

アンペア数が大きいほど、同時に多くの電化製品を使用することができます。

基本的に自宅用の契約アンペア数は10A~60Aの間で選択可能で、アンペアが大きいほど基本料金(電気代)が高くなるという仕組みです。

A(アンペア)は何を表している?

A(アンペア)は、1秒間に通り抜けられる電子の数を表しています。

分かりやすい例を挙げると、1Aあれば100W(ワット)の白熱電球を1つ使用することができ、10Aあれば1000Wの電子レンジ1台を使用することができるといった具合です。

 A(アンペア)が高いと電気代も高い?

アンペア数が高くなると、電気代も高くなります。

東京電力の場合、電気の使用状況に応じて10Aから60Aまでの7種類から選ぶことができ、契約アンペア数が高いほど基本料金も高くなる仕組みです。

電気代の基本料金は使用量に関わらず毎月定額ですから、同時に沢山の電化製品を使う家庭では50Aや60Aといった数字の大きいアンペア数で契約する必要が出てきますが、一人暮らしの場合はあまり高いアンペアを契約しても無駄になってしまいます。

A(アンペア)は変更できる?

契約しているA(アンペア)数は、変更できます。

自分が住んでいる家のアンペア数を確認して、電気の使用量と照らし合わせて合っていなければ、変更することをおすすめします。

自宅のアンペアの確認方法

アンペア数はブレーカーで確認できる

自宅のアンペア数を確認する方法は、「分電盤を確認する」「検針票を確認する」の2つの方法があります。

分電盤を確認する

アンペア数は、分電盤に取り付けられたアンペアブレーカーの色と数字から確認することができます。ただし、スマートメーターなどを使用している場合はアンペアブレーカーが取り付けられていないこともあるので注意してください。

分電盤のアンペアブレーカーは、住んでいる地域・電力会社によって色の分け方が異なりますが、数字も記載されているので、その数字から確認することができます。

検針票を確認する

毎月電力会社から届く「検針票(電気ご使用量のお知らせ)」に契約アンペア数が記載されています。また、請求書にも記載されているため、そこから確認することも可能です。

電力会社によっては、Webの会員ページなどで契約アンペア数を確認できる場合もあります。

A(アンペア)変更の注意点

A(アンペア)数を変更するには、契約している電力会社のカスタマーサポートセンターに直接問い合わせる方法が一般的です。

契約アンペア数の変更手続き時には「お客さま番号」が必要になることが多いので、検針表などで事前に確認しておくと手続きがスムーズに行えます。

注意点としては、契約アンペア数は年間契約であることが多いため、季節ごとに変更することはできません。

また、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、管理会社や大家さんの承諾を得ないと変更できない場合もあるため確認が必要です。

集合住宅に住んでいて自室の契約アンペア数を変更したい場合は、電力会社より先に管理会社・大家さんに確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、一人暮らしで必要なアンペア数と自宅のアンペア数の確認方法、変更時の注意点などを解説してきました。

暮らしに合ったアンペア数を契約することで、余計な出費をせずに快適に生活することができます。一度自分の契約アンペア数と必要アンペア数を確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事