空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしの初期費用の内訳を徹底解説!費用を抑えるコツもご紹介します

「一人暮らしを始めたいけれど費用が不安・・・」
「はじめての一人暮らし、いくら準備すればいいの?」
「初期費用の内訳にはどんなものがあるの?」

はじめての一人暮らしはわからないことだらけ。中でも初期費用は出費の項目が多く、計算しづらいポイントです。

今回は、一人暮らしを始めるために必要な初期費用の内訳を詳しく解説していきます。 これから一人暮らしを始める方の参考になれば幸いです。

一人暮らしに必要な初期費用の目安は「家賃6~7ヶ月分」前後

初期費用の目安は家賃6ヶ月分

一人暮らしに必要な初期費用の目安は、居住する物件の賃料6~7ヶ月分前後と言われています。

初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 賃貸契約にかかる費用
  • 引っ越し費用
  • 家具家電の購入にかかる費用

例えば、家賃7万円の物件に引っ越す場合の初期費用は42万円前後ということになります。高いように感じますが、詳しい内訳を見ていくことで納得できるのではないでしょうか。

初期費用の内訳を解説

賃貸契約にかかる費用

賃貸契約には様々な費用がかかる

賃貸契約にかかる費用には、以下のようなものがあります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用
  • 保証会社の利用料金

契約時には家賃以外にも、敷金や礼金、各種保険料といった費用がかかります。

敷金

敷金とは、退去時の原状回復費用としてあらかじめ支払っておく預け金のようなものです。家賃を滞納したときに敷金が使われることもあります。

退去時には原状回復費用が差し引かれた金額が戻ってきますが、料金が高くなってしまった場合は戻って来ないこともあります。相場は家賃の1ヶ月分です。

礼金

礼金とは、大家さんに支払うお礼のお金です。物件を貸してもらうことへのお礼のお金なので、敷金とは違って返却されません。こちらも家賃の1ヶ月分が目安です。

礼金は家賃の2ヶ月分の場合もあれば0円の場合もあり、物件によってまちまちです。

前家賃

前家賃は、他の契約金とまとめて払う初月1ヶ月分の家賃のことです。

家賃としていずれ支払わなければいけないお金ですが、他の費用とまとめて支払わなくてはいけないため一時的に大きな出費になってしまいます。

仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社(仲介会社)に支払うお金です。契約を進めたり交渉の仲介をしたりしてもらったことに対してのお礼の意味があります。

会社によって金額にはばらつきがありますが、家賃の1ヶ月分+消費税が上限と定められています。相場は家賃の0.5か月~1ヶ月分です。

火災保険料

火災保険は、火災をはじめとする自然災害によって建物や家財が損害を受けた場合に、建物の修理にかかる費用や家財ダメージによる損害額を補償してくれる保険です。

補償内容は契約する保険によって様々ですが、万一の場合大きな助けになります。一人暮らしの賃貸であれば年間1万円~2万円程度が相場です。

鍵交換費用

鍵交換費用は、前の入居者が使用していた鍵の付け替えにかかる費用です。

鍵交換をしないと、理屈上では前の入居者が新しい入居者が住む部屋に入ることが可能になってしまいます。 そのため、多くの場合新しい入居者が決まったタイミングで鍵を交換しますが、新築物件の場合は支払う必要がない項目です。

まれに貸主が負担してくれる場合もありますが、大抵は借主負担で、かかる費用の目安は2万円程度です。

保証料

連帯保証人がいなかったり、大家さんの意向によって 連帯保証人を立てずに賃貸契約を結ぶ場合、その保証料がかかります。初年度保証料の相場は、家賃1ヶ月分の50〜100パーセントです。

まとめると、賃貸契約に関する初期費用は家賃の5ヶ月分+2~3万円ということになります。

引越しにかかるお金

引っ越し料金は荷物の量や移動距離によって異なる

引越しにかかる料金には以下のようなものがあります。

  • 引越し業者の利用料金
  • 不用品の処分にかかるお金
  • 梱包資材などの料金

引越し業者の利用料金

引っ越しの料金は距離や時期によって大きく変動しますが、およそ 5万円~6万円 はかかると思っておきましょう。

移動距離が長い場合や、新年度を控えた2~3月などの繁忙期には閑散期の1.5倍~2倍の費用がかかることもありますが、閑散期を狙ったり単身パックを活用することで、相場よりやすく抑えることもできます。

はじめての引っ越しなどで荷物が少ない場合は、引っ越し業者にお願いせずに引っ越せないか工夫してみるのもひとつの手です。

不用品の処分にかかるお金

前の家で使っていたソファやベッドなどの大型家具を処分したい場合は、別途処分費用がかかります。

梱包資材などの料金

ダンボールやガムテープは、引っ越しのプランによってもらえる場合もありますが、購入するとなると意外と費用がかさむので注意しましょう。

家具家電の購入にかかる費用

家具家電の購入費用も忘れずに計算しよう

一人暮らしに必要な家具家電のおよその相場は以下のようになっています。

  • 冷蔵庫:2~3万円
  • 電子レンジ(オーブンレンジ):1万円前後
  • 洗濯機:3万円前後
  • カーテン:2,500円位~
  • 寝具:1~3万円

必須の家電や寝具を1から新品で揃える場合、予算は最低でも7~8万円見ておく必要があります

リサイクルショップを活用したり、前の家で使っていたものを使えば出費を安く抑えることができます。

契約に関わる初期費用のシュミレーション

敷金や礼金といった契約にかかる費用を大幅に抑えることは難しいですが、引っ越しの料金や家具家電の購入費用を工夫して削減することで、全体の出費を節約することができます。

仮に、引っ越しをすべて自分で行い、家具家電もすでにあるものなどでまかなえた場合、初期費用が家賃5ヶ月分程度で済むこともあるということです。

最後に、初期費用の目安となる家賃7ヶ月分の金額を掲載します。参考にしてみて下さい。

家賃初期費用の目安(家賃7ヶ月分の金額)
5万円35万円前後
6万円42万円前後
7万円49万円前後
8万円56万円前後
9万円63万円前後
10万円70万円前後
11万円77万円前後

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、一人暮らしを始めるために必要な初期費用の内訳について解説してきました。

引っ越しをする時にはまとまった資金が必要になります。引越しのための貯金は計画的に行いましょう!

関連記事