空間有効活用のエキスパート リブマックス

一人暮らし

一人暮らしに必要なものチェックリスト

一人暮らしに必要なものは何?チェックリストで完全網羅!【家具・家電・日用品】

自分の好きなように過ごせる、一人暮らし。期待が高まる反面、

「どんな家具が必要なんだろう?」
「必要な家具はいつまでに購入しておくべきなんだろう?」

「現物を見ずに購入してしまっても良いのかな?」

など、疑問もたくさん出てきますよね。

そこで今回は「一人暮らしに必要な家具・家電・日用品」をリストアップしてご紹介します。是非、新生活の準備にお役立て下さい。

一人暮らしの家具選びに失敗しないコツ

一人暮らしの家具選びに失敗しないコツは「入居したその日から完璧な生活をスタートさせようとしないこと」。なぜなら、必要な家具は住む人や生活環境によって異なるからです。

自分に必要な家具をリストアップするためには、一人暮らしを始めた後の暮らしを具体的にイメージする必要がありますが、一人暮らしをスタートした後のことは、実際に暮らし始めてみないとわからないもの。

もちろん、購入した家具の置き場や予算のことも考えなくてはなりませんから、最初は最低限のものだけ準備し、必要だと感じたらその都度買い足していくというのが失敗のない一人暮らしの始め方だと思います。

今回は、最低限必要なものからあると便利なものまで、重要度別にご紹介していきます!

入居当日から必要になる家具・家電

はじめて一人暮らしをすることになりましたが、何を準備すれば良いのでしょうか?

最低限必要なものは、実はそんなに多くありません。一緒に確認していきましょう。

この記事では、一人暮らしのスタートに必要な【家具・家電・日用品】をご紹介していきます。一人暮らしに必要なキッチン用品を知りたい方は「何が必要?初めての一人暮らし、必需品チェックリスト【キッチン編】」を、一人暮らしに必要な掃除用品を知りたい方は「何が必要?初めての一人暮らし、必需品チェックリスト【洗濯・掃除用品編】」をご覧下さい。

アイテム重要度ポイント
カーテン★★★引っ越し当日から必須!
ベッド★★★布団でもOK
冷蔵庫★★★2ドアタイプがおすすめ
電子レンジ★★★一人暮らしの強い味方!
洗濯機☆★★共有のコインランドリーがある場合は不要。

カーテン

一人暮らしの新居にカーテンは必須です。入居日に取り付けられるよう、忘れず手配しておきましょう。

カーテンを忘れると、外から丸見えの状態で過ごさなくてはいけなくなってしまいます。

はじめに購入したものをずっと使い続けることが多いので、引っ越す前に窓のサイズや位置を確認し、気に入ったものを準備しておくのが理想です。カーテンを購入する時は次のポイントに気をつけましょう。

カーテン選びのポイント

  • サイズは合っているか
  • 遮光・防炎・防音などの機能がついているか
  • 入居する部屋のカーテンレールの取り付け方は確認したか

ベッド

ベッドは、一人暮らしの部屋で一番場所を取る家具かもしれません。サイズの確認を入念に行いましょう。ネットショップで注文する場合は、受取日の指定もきちんとしておきましょう。

布団でもOKです。また、最近ではすのこの上に布団を敷く「すのこベッド」も流行していますね。

ベッド選びのポイント

  • 部屋に置けるサイズか
  • 受取日の指定をきちんと行ったか
  • 布団や枕も用意したか

冷蔵庫

冷蔵庫は、自炊をする予定がなくても冷凍室と冷蔵室が分かれた2ドアタイプがおすすめです。 冷凍食品や小分けにしたお米などを冷凍しておけば、食生活がグッと楽になります。

また、直冷式の冷蔵庫は定期的な霜取りが必要になるので、手間を考えると間冷式(ファンタイプ) の冷蔵庫の方がおすすめです。

冷蔵庫選びのポイント

  • 置き場所のサイズはきちんと測ったか
  • 扉の向きは確認したか
  • 静音性はどれくらいか

電子レンジ

一人暮らしの強い味方、電子レンジ。安価な単機能レンジもありますが「トーストくらいは食べるかも・・・」という人は、最初からオーブンレンジを買ってしまうのがおすすめです。

一人暮らしのキッチンは狭いため、単機能レンジにあとからオーブントースターを買い足すと置き場所がなくなってしまうかもしれません。価格の差はわずかなので、オーブンとレンジの一体型を購入してはいかがでしょうか。

洗濯機

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機がありますが、はじめての一人暮らしなら省スペースで安価な縦型洗濯機が安心です。洗濯機置き場のサイズは物件によってばらつきがあるので、内見時に測っておきましょう。

敷地内に共有のコインランドリーがあり、各部屋には洗濯機置き場がないマンションもあります。この場合、洗濯機を購入しても設置できないので気をつけましょう。

一人暮らしを始めたら早めに揃えたい家具・家電

アイテム重要度ポイント
テーブル☆★★折りたたみテーブルがおすすめ。
全身鏡☆★★身だしなみの必需品。
炊飯器☆★★お米を炊くなら。
掃除機☆★★スティックタイプがおすすめ。
ドライヤー☆★★普段から使っている人は必須!
アイロン☆★★ハンディタイプもおすすめ。

テーブル

テーブルは毎日使うものですが、部屋の雰囲気を決める家具です。失敗を避けるために、最初は簡単な折りたたみテーブルを持ち込み、いずれ気に入ったものを購入するという方法がオススメです。

折りたたみテーブルは、メインのテーブルとして使わなくなった後も来客時などに活用することができて便利です。

全身鏡

身だしなみは社会人の基本

身だしなみを整えるために必要になるのが全身鏡です。そこそこ立派なものでも、5000円以内で購入できます。

あらかじめ玄関などに設置されているお部屋もありますので、内見時にチェックしておきましょう。

炊飯器

自炊をする予定がないという人も、お米だけは自分で炊く習慣をつけることで食費を節約できます。

掃除機

掃除機にも様々なタイプがあるので、焦って最初から買う必要はないでしょう。購入する際は、フローリングの広さや掃除の頻度などによって検討して下さい。

ドライヤー

普段からドライヤーを使っている人は、確実に持っていきましょう。

新居の綺麗なバスルームでシャワーを浴びた直後にドライヤーを忘れたことに気が付いたときは、テンションが下がりました・・・。女性の皆さんは特に気をつけて下さいね。

アイロン

最近では、ハンディタイプやコードレスタイプなど、一人暮らしでも使いやすいアイロンがたくさん販売されています。毎日アイロンをかける場合でなければ、なるべくコンパクトなものを選んだ方が良いでしょう。

あると便利な家具・家電

アイテム重要度ポイント
ソファ☆☆★座椅子もおすすめ。
テレビ☆☆★大きすぎると部屋が狭くなる。
電気ケトル☆☆★リビングでお湯を沸かせる。

ソファ

家具の花形、ソファ。部屋にいる時間の多くをソファの上で過ごすことになるので、素材や座り心地に妥協はしたくありませんよね。部屋の雰囲気を左右するので、住み始めてから購入するのがおすすめです。

コンパクトなワンルームなら、一人がけのソファという手もあります。また、座椅子で代用するのもおすすめです。

テレビ

一人暮らしでは、テレビを持っていないという人も結構多いです。新しく購入する場合は、部屋のサイズにもよりますが32型前後がオススメです。

電気ケトル

電気ケトルは、一人暮らしでは愛用者の多い家電です。コンロを使わなくてもお湯を沸かせるのでとても便利です。

「電気ケトルなしの生活は考えられない」と言っている友人もいます。

入居当日から必要になる日用品

アイテム重要度ポイント
ティッシュ★★★手荷物に一箱入れておきましょう。
トイレットペーパー★★★手荷物に1ロール入れておきましょう。
ハサミ(カッター)★★★荷物の開封のために必須!
ゴミ袋★★★地域に指定がないか確認すること。
タオル類★★★入居当日から必要になるのでお忘れなく。
風呂用品★★★使い慣れたものを持っていきましょう。
コンタクト用品★★★余裕をもって1週間分くらい。
スキンケア用品★★★使い慣れたものを持っていきましょう。

ティッシュ

鼻をかんだり、汚れを拭いたり日常に必要不可欠なティッシュペーパー。 引っ越し当日から必要になるアイテムです。ボックスティッシュを一箱、手荷物に入れておくと良いでしょう。

トイレットペーパー

トイレットペーパーは、買い忘れていると結構焦ります。 新居の便座に座ってからトイレットペーパーを忘れていたことに気づく、なんていうこともよくあるので、ティッシュと一緒に、1ロールだけ手荷物に入れておきましょう。

ハサミ(カッター)

引っ越し当日から出番が多い、ハサミ。荷物を解く際にも使うため、忘れると買いにいかなくてはなりません。忘れずに持っていきましょう。

ゴミ袋

引っ越し当日はゴミが大量に出ます。45〜60リットル程度のゴミ袋を持っていきましょう。指定のゴミ袋を購入しなくてはならない地域もあるので、事前にゴミ出しのルールを確認しておきましょう。

タオル類

実家にはたくさんあるタオル類ですが、一人暮らししたら自分で購入しなければなりません。 用途に合わせたタオルを最低3枚ずつ買っておいた方が安心です。

風呂用品

入浴時に必要な、ボディソープやシャンプー、洗顔料なども忘れないようにしましょう。引っ越し先のドラッグストアで揃えても良いですが、気に入ったものがある場合は事前に買っておくのがオススメです。

コンタクト用品

度数の合ったコンタクトレンズはすぐに購入できるとは限らないため、普段使っているコンタクトレンズをある程度ストックしておきましょう。

スキンケア用品

愛用のスキンケア用品を忘れてしまうと、新しく準備しなくてはならず余計な出費になってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、一人暮らしに必要な家具をリスト形式でご紹介しました。

最初は殺風景だった部屋に少しずつお気に入りの家具が並んでいくのは、一人暮らしの醍醐味です。初めから全て揃えようと焦らずに、納得のいく家具を選んでみて下さいね。

関連記事