空間有効活用のエキスパート リブマックス

リブログコラム

【調査】デジタル時代のビジネスマンのスケジュール管理方法、意外にもアナログだと判明

ビジネスマン100人に聞いた!どうやってスケジュール管理してますか?

LiVBLOG編集部では、20代〜50代のビジネスマン100人を対象に「スケジュールの管理方法」についてアンケートを実施しました。

ビジネスマンのスケジュール管理方法に関する調査(2019/09 実施)
  • 手帳・・・43人
  • スマホ・・・33人
  • 特になし・・・18人
  • その他・・・8人

スマホ時代かと思いきや、意外な結果に・・・

スマホ全盛の時代、紙の手帳は劣勢かと思われましたが、1位は手帳という結果に!スマホと併用している人もいると思われますが、紙の手帳は根強くビジネスパーソンに支持されていることがわかりました。

スケジュールを管理するにあたって何を使えば良いのか迷っているというビジネスマンに向けて、ここからはスケジュール管理ツールそれぞれの特徴をおさらいしていきたいと思います。

スケジュール管理の方法

手帳

紙の手帳
  • 手書きの確実性
  • 紙の質感
  • 自由な使い方ができる

手帳の魅力は、手書きの確実性です。手を動かして記入することによって、頭にも定着します。

スマホとは違った意味で、自由に使い方を決められるところも手帳の魅力。スケジュールを管理するだけでなく、チケットや写真を貼り付けたり、必要な情報を付加していくことで自分だけの一冊が出来上がります。

スマホ(アプリ)

スマートフォンのカレンダーアプリも人気
  • 片手でいつでも入力できる
  • 他サービスとの連携ができる

カレンダーアプリは、なんと言っても簡単に入力を済ませられるところがメリットです。また、色々な情報を書き込んでもかさばらず、他のサービスとの連携も容易なので、使いこなせれば作業の効率化に繋がります。

スマホを触ったついでにアプリを開いてしまって他のことを始めてしまうというのは、スマホを利用する上でのあるあるな注意点でしょう。

また、場面によってはスマホをいじること自体、遊んでいたり不真面目なように見られてしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ビジネスマン100人に聞いた!どうやってスケジュール管理してますか?」というテーマで、ビジネスマンのスケジュール管理事情をご紹介してきました。

多様な時代、スケジュール管理に関してもどれが主流ということはなく、スタイルに合わせて使いやすい管理方法を選ぶのが現代のビジネスマンのよう。

色々なスケジュール管理ツールを試して、自分に合った使い方で仕事の効率をアップさせていきましょう!

関連記事