空間有効活用のエキスパート リブマックス

リブログコラム

【調査】ビジネスマンはどんなタイプのビジネスバッグを使っている?意外な結果が明らかに

ビジネスバッグ。ビジネスマンなら誰もが使っているアイテムですよね。

業務内容は違えど、ビジネスバッグを使うことに関しては共通です。世のビジネスマン達は一体どんなビジネスバッグを使っているのでしょうか?

今回は、ビジネスパーソン100人に「使っているビジネスバッグの種類」そして「使っているビジネスバッグの素材」を聞いてみました。すると、意外な結果が・・・!是非、ビジネスバッグ選びの参考にしてみて下さい。

ビジネスパーソン100人に聞いた!どんなビジネスバッグを使っていますか?

LiVBLOG編集部では、20代〜50代のビジネスパーソン100人を対象に「使っているビジネスバッグの種類」を調査してみました。

ビジネスバッグの種類に関する調査(2019/09 実施)
  • ビジネスバッグ・・・35人
  • トートバッグ・・・29人
  • リュック・・・22人
  • その他・・・12人

ビジネスバッグのタイプは人によって全然違う

ビジネスマンにとってのメジャーなビジネスバッグの種類はどれなんだろう?と思っていましたが、アンケート結果を見ると、特に主流なタイプがあるわけではない模様。どんなタイプのビジネスバッグを使うかは人それぞれだということがわかりました。

それでは、ここからはどのタイプのビジネスバッグを購入しようか迷っている人に向けて、ビジネスバッグのタイプ別特徴をおさらいしていきたいと思います。

ビジネスバッグの特徴をタイプ別に解説

ビジネスバッグ

ビジネスバッグ
  • 機能性が高い
  • 自立する
  • ビジネスシーンにマッチする

ビジネスバッグは、最もビジネスシーンらしい、堅実な印象のバッグです。ビジネス利用を想定しているので、機能面でも書類や小物の整理に向いています。

スーツスタイルにはぴったりマッチしますが、カジュアルスタイルの人が持つとバッグだけが浮いてしまうかもしれません。

トートバッグ

トートバッグ
  • 扱いやすい
  • サイズや素材のバリエーションがある
  • ナチュラルな印象を与える

トートバッグは、コットンなどのシンプルなものからレザーのものまで、サイズや素材の選択肢が豊富なところが魅力です。

いずれにしてもシンプルな印象を与えるので、通勤スタイルがカジュアルな人におすすめです。

リュック

リュックサック
  • 両手が空く
  • 荷物がたくさん入る
  • カジュアルスタイルにマッチする

スタイルを問わず利用者が多いのがリュックサックです。何と言っても両手が空くところがメリットで、出張が多い人や自転車通勤の人にとってとても利便性が高いタイプです。

スーツスタイルにも合うようなシックなデザインのものも多いですが、シチュエーションによっては場にそぐわないこともあるので、あくまで普段使い用のバッグだと思った方が良いでしょう。

ちなみにバッグの素材は何が人気?

バッグのタイプとは別に「どんな素材のバッグを使っているか?」についてもアンケートを取ってみました。

ビジネスバッグの素材に関する調査(2019/09 実施)
  • 合革・・・37人
  • ナイロン・・・33人
  • レザー・・・17人
  • その他・・・13人

僅差で合革が1位という結果に

こちらもダントツで人気の素材というのはありませんでしたが、僅差で合革(フェイクレザー)が1位という結果になりました。

合革とナイロンが合わせて7割という結果から、ビジネスバッグ選びにおいては高級感よりも機能性や耐久性が重視されていることが伺えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ビジネスパーソン100人に聞いた!どんな種類のビジネスバッグを使っていますか?」というテーマで、ビジネスマンのビジネスバッグ事情をご紹介してきました。

ビジネスバッグにこれという常識や決まりはなく、それぞれのビジネススタイルに合わせて選ぶのが今の時代のよう。

皆さんも、自分の仕事にぴったりなビジネスバッグを探してみて下さいね!

関連記事