空間有効活用のエキスパート リブマックス

お役立ち

リモートワークでストレスが生じる原因は?解消法もご紹介

自宅で仕事を行う「リモートワーク」が、ここ数ヶ月で急速に普及してきました。通勤時間の削減やプライベートの確保といった様々なメリットがありますが、その反面、リモートワークによって生じるストレスに悩んでいる人も多いようです。

リモートワークをストレスなく進めるにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、リモートワークのストレスの原因を紐解き、その解消法をご紹介します。

リモートワークのストレスの原因は3つの「不足」

3つの「不足」がストレスを招く

リモートワークがストレスになってしまう原因として考えられるのは、主に以下の3つです。

  • 仕事に必要な環境の「不足」
  • 運動量の「不足」
  • コミュニケーションの「不足」

仕事の環境が整っていない

自宅にリモートワークの環境が整っていないというのは、ストレスの大きな要因です。

ワークスペースが狭いと作業効率が下がってしまいますし、ダイニングチェアや座椅子などに長時間座っていると腰が痛くなってしまいます。

そうは言っても、自宅に仕事用の空間を確保できる人ばかりではありません。自宅での仕事の環境を整えるには工夫が必要です。

運動する機会がなくなった

通勤がなくなったことによる運動不足も、ストレスの原因の1つです。ずっと同じ姿勢で仕事をしていると首や肩が凝り固まってしまいます。

1日中部屋の中にいると、太陽の光を浴びる機会が失われてしまいます。このことも気分が切り替えづらくなる原因の1つです。

人と話す機会が減った

周りに誰もいないという環境下では、プレッシャーを感じてしまう場合があります。「サボっていると思われたくない」「成果を上げないといけない」という不安がストレスになっているかもしれません。

職場で何気なく行っていた同僚との休憩時間の世間話や、上司への仕事の相談などの機会がなくなり、気分転換ができなくなってしまいます。

リモートワークをしていると、一言も発さずに1日が過ぎることにもなりかねません。

リモートワークのストレスを軽減するためにできること

リモートワークのコツは「集中」と「緩和」

何かとストレスを感じることの多いリモートワーク。仕事の効率を下げないためにも、ストレス解消法を知っておくことが大切です。ここからは、リモートワークのストレスを軽減するためにできることをご紹介していきます。

ワークスペースを整える

仕事のスペースを確保しましょう。仕事をする空間とプライベート空間を分けることができればベストですが、仕事以外のものが目に入らないように机を設置するだけでも、オンとオフを切り替えることができます。

コーヒー豆を挽く

仕事中の飲み物といえば、コーヒーですよね。カフェインには眠気を吹き飛ばしてくれる効果があります。リフレッシュのために飲むなら、コーヒー豆を自分で挽いてみてはいかがでしょうか。仕事とは異なる動きを取り入れることで、気分が切り替わります。

身だしなみを整える

人と会わないからと、寝間着のまま仕事に取り掛かっている人もいるのではないでしょうか。仕事の時間とリラックスタイムを分けるためには、外出の予定がなくても毎朝身だしなみを整えるのがおすすめです。

換気をする

部屋の空気を定期的に入れ替えると、スッキリして良い気分転換になります。 仕事に集中していると窓を閉め切ったままにしてしまいがちですが、1日に2~3回は換気をするようにしましょう。

適度な運動をする

リモートワークで外に出る機会が減ると、運動不足に陥りやすくなります。1日10分でも良いので、休憩時間にストレッチをしたり散歩をするようにしましょう。身体がほぐれ、気分も変わります。

日光を浴びる

リモートワークでは、生活リズムが崩れやすくなります。日光を浴びることで体内時計を整え、体を起こすことができるので、朝にカーテンを開けて日光を浴びることを習慣づけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、リモートワークでストレスが生じる原因と、ストレスを軽減するためにできることをご紹介してきました。

リモートワークには多くのメリットがありますが、同時に新たなストレスの原因も生み出しています。上手にリフレッシュをしながら、新たな働き方に適応していきましょう。

関連記事