空間有効活用のエキスパート リブマックス

お役立ち

単身赴任中の特別定額給付金はどうやってもらえばいいの?

特別定額給付金は、新型コロナウィルス感染症による経済対策の一環として、各家庭の家計支援を目的に作られた制度です。

各世帯に自治体から申請書が送付される仕組みになっていますが、単身赴任や長期出張のために自宅で申請書を受け取れない場合はどうすれば良いのでしょうか。

特別定額給付金とは?

特別定額給付金の対象となるのは「2020年4月27日時点の世帯主」

特別定額給付金の給付対象者は「令和2年4月27日において、住民基本台帳に記載されている方」です。これに該当する場合、1人あたり10万円の給付を受け取ることが出来ます。

ちなみに基準日の4月27日に生まれた子供も給付対象者となり、それ以降に亡くなった方も給付対象者です。

特別定額給付金の対象となるのは「世帯主」

受給権者は、各世帯の世帯主となります。例えば、父・母・子の3人家族で世帯主が父の場合、父親が代表して申請し30万円を受け取ることになり、銀行口座へ給付金が振り込まれます。

もしも、世帯主の身体が不自由で自分で申請出来ない場合は、世帯構成者・法定代理人・親族等の方で、市区町村長が特別に認める方による代理申請が可能です。

送付先は「2020年4月27日時点で住民票に登録されている住所」

給付金の申請書は、住民票に記載されている氏名・住所などの情報を元に送付されます。

そのため、実際に住んでいる住所と住民票に登録されている住所が異なる場合は、住民票に登録されている住所に申請書が届くことになります。

「子供が進学のため別の場所で一人暮らしをしていて、住民票の住所は実家になる。」といったケースもあるでしょう。その場合は、一人暮らしのお子様も実家でまとめて給付金を申請し、受け取ることになります。

参考:総務省|特別定額給付金|よくある質問

申請書を自宅で受け取れない時の対処法

「郵便転送サービス」や「オンライン申請」を利用しよう

「世帯主だけど、単身赴任や長期出張のため自宅で申請書を受け取れない。」という方もいると思います。そんな時はどう行動すれば良いのでしょうか。

日本郵便の転送サービスを利用する

日本郵便の転送サービスは、お近くの郵便局の窓口に転居届を出すだけで、旧住所宛ての郵便物等を新しい住所に1年間無料で転送してもらえるサービスです。

このサービスを利用すれば、赴任先で現在住んでいる場所に申請書が届くので、スムーズに申請をすることが出来るでしょう。

オンライン申請を利用する

政府が運営するWEBサービス「マイナポータル」上の特別定額給付金の申請画面において、振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請します。

ただし、オンライン申請には「マイナンバーカード」と、マイナンバーカード交付時に設定した「署名用電子証明書の暗証番号」が必要です。

詳細は自治体のホームページで確認を

各自治体によって申請受付開始日が異なります。不明な点があれば、ご自身がお住まいの自治体に問い合わせるのが良いでしょう。

自治体によっては申請に関してホームページで動画解説をしているところもあるので、一度ご覧になってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、特別定額給付金に関する情報をご紹介してきました。

特別定額給付金を装った詐欺も出てきており、怪しい電話が掛かってくるかもしれません。ご家族と一緒に暮らしている方は、そういった被害に合わないよう、家族共通の対策を徹底しておきましょう。

関連記事