空間有効活用のエキスパート リブマックス

お役立ち

スーツケースの選びのチェックポイントとは?シーン別に解説します

出張からプライベートの旅行まで様々なシーンで活躍するスーツケースは、意外と出番の多いアイテムです。何度も買い替えるものではないので、購入するなら長く使えて自分に合ったものを選びたいですよね。

この記事では、スーツケース選びで迷っている人に向けて、スーツケースを選ぶときに注目したいポイントを解説していきます。おすすめのメーカーもご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

スーツケース選びで注目すべきポイント

自分に合ったスーツケースを選ぶためのポイント

スーツケース選びで注目すべきポイントは、次の5つです。

  • サイズ
  • 素材と強度
  • 鍵の種類
  • 色とデザイン
  • キャスターの種類

スーツケースは本当にたくさんの種類がありますが「飛行機利用が多い場合は機内持ち込み可能なサイズの中から選ぶ」など、メインの目的をはっきりさせると、自分に合ったスーツケースを選びやすくなります。

まずは、目的別のおすすめスーツケースをご紹介します。

シーン別おすすめスーツケース

国内旅行は小さめが、国外旅行は4輪キャスター付きがおすすめ

国内旅行・国内出張

修学旅行や友人との温泉旅行など、国内での旅行におすすめなのは、30L前後のコンパクトなスーツケースです。機内持ち込みできるハードタイプのスーツケースを買っておけば、近場の海外に行くときなどにも活用できます。

海外旅行・海外出張

滞在期間が3~4泊以上の海外旅行では、大きなサイズのスーツケースが必要になります。目的地によりますが、慣れない道路を長時間移動することを考えて、安定性のある4輪キャスターのスーツケースを選ぶのがおすすめです。

アメリカ渡航の予定がある場合は、TSAロックの有無も忘れずにチェックしましょう。

留学・長期滞在

留学などの長期滞在の場合は、持っていく荷物の量がとても多くなります。預け入れできる上限サイズに近い、80~90L前後のスーツケースがおすすめです。また、預け入れ用と機内持ち込み用でスーツケースを2つに分けるという方法もあります。

サイズから選ぶときのチェックポイント

1泊当たりの荷物は10リットル程度

一般的な1泊分の荷物は、10L程度と言われています。 おみやげなど、復路で荷物が増えてしまった場合に備えて(宿泊日数+1)×10L程度の容量があると安心です。

迷っている人には、汎用性の高い40L前後のスーツケースがおすすめです。3~4泊程度の旅行に対応できて、機内持ち込みできるサイズのものもあるので、1つ持っていると幅広いシーンで活用できます。

機内持ち込みできるかどうか

飛行機では、規定サイズ内の荷物を座席に持ち込むことができます。 機内持ち込みのメリットは、飛行機を降りた後すぐに空港を出られるところです。

規定は航空会社によって異なりますが、3辺の合計が100cm以内であればほとんどの航空会社で持ち込みできます。

素材で選ぶときのチェックポイント

素材によって使い勝手が異なる

ソフトケース

ソフトケースのメリットは、以下の3つです。

  • 軽量で扱いやすい
  • 傷が付きづらい
  • ポケットが付いている

ソフトケースは、PCや本、資料などを頻繁に取り出したい人や、荷物をこまめに出し入れする人におすすめです。 デメリットとしては、外部からの衝撃が中に伝わりやすいという点が考えられます。

ハードケース

ハードケースのメリットは、以下の3つです。

  • 衝撃に強い
  • 長距離でも楽に移動できる
  • 荷崩れしづらい

ハードケースは、長距離移動が多い人や、衝撃や汚れに強いスーツケースを求めている人におすすめです。持ち上げるには重たく、スーツケース本体に傷や凹みが付きやすいというデメリットもあります。

スーツケースの鍵の種類

アメリカ渡航の予定がある場合は「TSAロック」を選ぼう

スーツケースの鍵の種類には、次のようなものがあります。

  • シリンダータイプ
  • ダイヤルタイプ
  • TSAロック
  • 南京錠

アメリカ渡航の予定がある場合は「TSAロック」が必須になります。TSAロックは、アメリカの空港で行われる荷物検査の際に必要になります。

TSAロックとは?

TSAとは「Transportation Security Administration」の略で、アメリカ運輸保安局のことです。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、アメリカに出入国する乗客の荷物は、TSAによってランダムに検査されるようになりました。

この検査ではスーツケースに鍵がついていても壊されてしまうのですが、TSAロックは専用キーで開錠できるため、スーツケースを破損する心配がありません。

色やデザインで選ぶときのチェックポイント

色とデザイン

機能だけでなく、色やデザインも吟味したいポイントです。迷ったら仕事でもプライベートでも使える落ち着いたデザインを選びましょう。どんなシーンにもマッチするのは次のような色です。

  • ブラック
  • シルバー
  • ネイビー

空港で見つけやすいように個性的なものを選ぶのも一つの手です。

キャスターの種類

安定性を求めるなら4輪がおすすめ

キャスターの種類には「2輪タイプ」と「4輪タイプ」があります。キャスターの種類によって走行感が大きく異なるので、よく考えて選びたいポイントです。

2輪タイプのスーツケースは斜めに傾けて動かすため、キャスターに負担がかかりにくく、壊れにくいという利点があります。

4輪タイプは、スーツケースを傾けることなく多くのものを運ぶことができるため、長距離でも楽に移動できるところが強みです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
この記事では、スーツケース選びのチェックポイントを解説してきました。今回ご紹介した情報を参考にして、使いやすいスーツケースを手に入れて下さいね。

関連記事