空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

お中元の時期はいつ?贈るタイミングと贈る際のマナー

お世話になっている人へ感謝を伝えるための「お中元」ですが、いつ贈れば良いものなのでしょうか。この記事では、お中元を贈る時期はいつが最適なのかを解説し、お中元を贈る際のマナーもご紹介していきます。

お中元を贈るタイミング

お中元を贈る時期は、関東では7月1日~7月15日、関西では7月15日~8月15日頃が一般的です。

さらに細かくタイミングが決まっている地域もあるので、贈り先の地域について事前に調べておきましょう。

地域ごとのお中元のタイミングは、次のようになっています。

  • 北海道:7/15~8/15
  • 関東・東北:7/1~7/15
  • 北陸:~7/15
  • 関西・東海・中国・四国:7/15~8/15
  • 九州:8/1~8/15
  • 沖縄:7/13~7/15

そもそも「お中元」とは?

お中元とは、日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈り物をすることです。

「お中元」と対の意味で使われるのが「お歳暮」です。お歳暮が「1年間ありがとうございました」という意味なのに対して、お中元は「上半期お世話になりました」という意味合いで贈ります。

お中元とお歳暮のどちらか一方だけ贈る場合は「お歳暮」を優先します。

お中元に関するマナーは様々ありますが、相手への感謝を込めて贈るものなので「相手に喜んでもらえそうなもの」を選びましょう。

お中元の選び方

お中元の定番の品物には次のようなものがあります。

  • お菓子
  • ハム
  • ジュース
  • ビール
  • 洗剤

この他、最近では商品券やカタログギフトも人気がありますが「お金をそのまま渡した」「選ぶ手間を省いた」という印象を与えてしまう場合もあるので注意が必要です。

ビジネスの場合は、社内で分配できる個包装のお菓子などがおすすめです。チョコレートや生菓子といった「溶けやすいもの」「日持ちがしないもの」は避け、夏を感じられるものを選ぶと喜ばれるでしょう。

お中元のマナー

お中元の相場

お中元の相場の目安は「5000円」です。あまりに高価な品物を贈るとかえって相手に気を遣わせてしまいますので、遠慮しましょう。

これを基準にして、親戚や友人などの親しい間柄であれば「3000円」、会社の得意先や特にお世話になっている人であれば「10000円」を目安に選べば間違いありません。

また、お中元の金額は、毎年同じくらいにするのがマナーです。

お中元の表書きの書き方

表書きには「御中元」もしくは「お中元」と書きます。

また、お中元は関係が継続する限り毎年贈るのがマナーです。そのため、一度だけ贈りたいという場合は表書きを「御礼」とすると良いでしょう。

お中元の「のし」に関するマナー

ビジネスで贈る場合、手渡しで贈る場合は「外のし」にします。配送する場合は「内のし」にします。

お中元を贈りそびれたら

お中元を贈りそびれてしまった場合は、立秋(8/8頃)の前日までは「暑中見舞い」として、白露(9/8頃)の前日までは「残暑見舞い」として贈ることができます。

ただし「残暑見舞いは8月中まで」という説もあるため、8月中に贈ることができると安心です。

お中元をいただいたら

お中元をいただいた場合は、すみやかにお礼の連絡をしましょう。「無事受け取りました」という連絡でもあるので、到着から3日以内には送るのがマナーです。

お中元に対して、お礼の品を送る必要はありません。お礼の品を送りたい場合は、いただいたものの半額程度の品物を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では「お中元はいつ贈れば良いの?」という疑問にお答えし、お中元に関する基本的なマナーを解説してきました。

お中元の時期は地域によって異なるため、できるだけ早めに手配を済ませておくことが慌てずに済むコツです。余裕をもって日ごろの感謝を伝えられるようにしましょう。

関連記事