空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

ビジネスマンが失敗しない靴下の選び方!マナーを振り返ろう。

「ビジネスシーンではどんな靴下を選べば良いのだろう?」と疑問を持っている方もいることでしょう。学生時代と違う靴下を用意した方が良いのかも気になりますよね。

この記事では、ビジネスマンに向けた靴下の選び方を解説していきます。

ビジネスマンの靴下選びが重要な理由

スーツスタイルの完成度を左右する靴下

スーツスタイルを着こなすためには、磨き上げた革靴やヘアスタイルも重要ですが、ピシッとサイズと色の合った靴下がとても重要です。

「美は細部に宿る」という言葉があるように、スーツの裾と革靴の間でつなぎ目の役割を果たす靴下のセンスが良いと、着こなしの完成度は格段に上がるのです。

足元にこそビジネスマンとしての品格が現れる

身だしなみを整えるとき、大抵の人は顔や上半身に目が行きがちです。

だからこそ、足元は差がつくポイント。チラッと見える足元に、ビジネスマンとしての品格が現れます。

次から、失敗しない靴下の選び方を解説していきます。

失敗しない靴下の選び方

スーツと同系色のベーシックな色を選ぶ

いろいろな色の靴下が売られていますが、

  • ネイビー
  • ブラック
  • ブラウン
  • グレー

などのベーシックなものを選びましょう。

スーツと靴の色に合わせる

ベーシックな色ならなんでも良いというわけではありません。 スーツの色と同系色で、靴の色にも馴染むトーンのものを選びます。

http://lb.livemax.co.jp/business/item/socks-business-color/

白い靴下は避ける

ビジネスシーンでは、白い靴下がタブーとされています。 スーツとの統一感が失われてしまいますし、学生のような印象を与えてしまいます。

厚手の靴下は避ける

スーツスタイルではクラシカルな雰囲気を演出するのがマナーです。色がブラックやグレーだとしても、厚手のスポーツソックスのような靴下は避けましょう。

デザインは「無地」か「小紋柄」を選ぶ

基本的には、柄の入っていない無地の靴下を選んでおけば間違いありません。

デザインの入った靴下を選ぶ場合は、

  • ワンポイント入りの靴下
  • ストライプ柄

は避けましょう。

ストライプ柄はスーツスタイルにマッチしそうですが、モーニングコートに合わせて履く柄だというマナーもあるため、日常的なビジネスシーンでは避けたほうがいいかもしれません。

丈は長めがベター

ビジネスシーンでは、素肌が見えるのはマナー違反です。

そのため、靴下は座ったりしゃがんだりしてもスネが見えないよう、丈が長めのものを選びます。

若い方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、薄手でひざ下まである「ホーズ」と呼ばれるソックスが最もビジネスシーンに適しています。ぜひ一度試してみて下さい。

くるぶし上までの靴下だと、縮んでしまったときに素肌が見える可能性があるので、少し長めのものを揃えておきましょう。

おわりに

今回は、ビジネスマンに向けて、靴下を選ぶ時のポイントやマナーをご紹介してきました。

靴下はあまり目につかない部分ではありますが、ビジネスシーンにふさわしい靴下を履いていると、いざという時に非常にしっかりした社会人の印象を与えることができます。

マナーをおさらいして、ビジネスシーンに合う靴下を選びましょう。

関連記事