空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

社会人に勉強が必要な理由とは?おすすめの科目もご紹介

「社会人になってから、日々の仕事をこなすのに精一杯・・・」
「久しぶりに何か勉強したいけれど、何を勉強すればいいんだろう」
「そもそも、社会人に勉強って必要なの?」

突然ですが、あなたは今、仕事とは別の何らかの勉強をしていますか?

「受験の時は必死に勉強していたけれど、就職してからは全く勉強していない」という人も多いのではないでしょうか。

社会人になると、毎日の仕事をこなしているだけであっという間に毎日が過ぎていってしまいます。休みの日も、テレビや動画を観たり、家事をしたり、友達と食事に出かけたりするとあっという間に終わってしまいますよね。

しかし、社会人になった今だからこそ、勉強するべき理由があるんです。

この記事では、社会人の今だからこそ勉強すべき理由を解説し、社会人になってから勉強するのに適した科目をご紹介していきます。新しく勉強を始めようと考えている皆さんの参考になれば幸いです。

社会人が勉強する目的とは?

時代の変化に対応していくため

インターネットが普及してから、人々の働き方や仕事の内容は大きく変化してきました。これから先、変化のスピードはますます加速していくことでしょう。

このような時代を生き抜くためには、日々勉強し、常に知識やスキルをアップデートしておく必要があります。

将来の可能性を広げるため

仕事以外の勉強をしておくことで、将来の可能性を広げることができます。

将来の可能性とは、独立や転職だけを指すわけではありません。新しい業務やプロジェクトに携わる機会は、予想しないタイミングで巡ってくるものです。将来やってくるチャンスをモノにするために、日々勉強しておくことが大切です。

社会人としての知識と教養を身につけるため

社会人として身につけておきたい知識や教養の中には、一般教養やコミュニケーションスキルが含まれます。これらは、日々の業務を淡々とこなすだけでは十分には身につかないものです。

仕事の成果を挙げるための努力とは別に、名著を読んだり、世の中の流れを勉強するなど、知識と教養を身につける習慣をつけておきたいところです。

それではここから、社会人におすすめの勉強内容をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

社会人におすすめの勉強内容5選

英語

英語は、社会人に人気の学習科目です。英語に限らず、外国語を扱えるようになると仕事の幅がぐっと広がります。海外旅行や洋画、海外ドラマなども深く楽しめるようになるので、身につけることで人生が豊かになる勉強だと言えるでしょう。

プログラミング

2020年から小学校の必修内容に組み込まれるプログラミングは、これからの時代の必須スキルだとも言われています。また、プログラミングを勉強すると論理的思考力が身に付くので、日々の仕事における問題解決能力の向上も期待できます。

デザイン

知識よりも感性を磨きたい人やデザインを見るのが好きな人は、デザインを学ぶのもおすすめです。一億総デザイナー時代とも言われる今、書店には手に取りやすいデザインの入門書が数多く売られています。デザインの知識は、日々の資料作りなどにも活かすことができます。

マーケティング

マーケティングとは、企業が商品やサービスをより多くの人に届けるための戦略のことです。商品やサービスを消費しながら生きている以上、無関係な人はいない学習分野だと言えるでしょう。ビジネスの仕組みがわかるので、知的好奇心が満たされ、今行なっている仕事への理解も深まります。

金融(投資)

賢く豊かに生きていくために必要なのが、お金の知識です。中でも、老後やライフイベントの達成のために必要な資金を作っていくために有用なiDeCo、NISAなどの資産運用、投資の勉強は、早くから始めるに越したことはありません。

社会人の勉強におすすめの時間帯とは?

勉強に関心が出てきましたが、勉強時間を捻出できる気がしません。

まとまった時間を取ろうとすると、なかなか勉強を始められません。社会人の勉強は、隙間時間を活用して進めるのがコツです。

出勤前

朝少し早く起きて、自宅やカフェで勉強をしてから出勤すれば、充実した気持ちで一日の仕事を始められます。早朝は脳が効率よく働いてくれるので、思考力を必要とする学習を進めるのに最適な時間帯です。

寝る前

寝る前の数十分も、勉強するのに適した時間です。記憶は寝ている間に整理されると言われているので、暗記が必要な勉強を進めるのがおすすめです。

通勤中

通勤の電車やバスに乗っている時間を有効活用すれば、毎日決まった時間に決まった量の学習を行うことが可能です。アプリや音声コンテンツなど、デジタル教材を活用するのがおすすめです。

休日

平日は仕事に集中し、休日だけ集中して勉強を進めるという方法もあります。休日にまとまった時間を確保して理解を進め、平日は一問一答などの簡単なチェックで知識を忘れないようにするなど、工夫してみましょう。

勉強が始められないなら、まず読書から

一冊の本を読むだけで、知識や教養は深まる

なかなか勉強が始められないという人は、興味のある本を一冊選ぶところから始めてみましょう。

本を選ぶなら、ネット通販よりも書店や図書館に直接足を運んでみるのがおすすめです。様々な背表紙を見ているうちに、意識していなかった自分の中の興味関心に気づくことができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、社会人の今だからこそ勉強すべき理由と、社会人になってから勉強するのに適した科目をご紹介してきました。

社会人の勉強の必要性を再認識し、新しく勉強を始めるきっかけになれば幸いです。

関連記事