空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

ビジネスマナー講座!自分のことをなんと呼ぶ?一人称の種類と印象

あなたは社内外で話をする際、正しい一人称を使えていますか?

社会人のマナーは色々ありますが、その中でも「一人称を正しく使えているか」というのはとても大切です。

話している内容が良くても、適切な一人称を使っていないと信頼に欠けると思われかねません。

この記事では、ビジネスマンが使うべき一人称と、様々な一人称が相手に与える印象について詳しくご紹介します。

そもそも、一人称って?

一人称とは、話し手自身のことを指す言葉です。

など、日本語には数多くの一人称が存在します。

普段の会話では、なんとなく使いやすい一人称を選びますが、ビジネスシーンでは、相手との関係性によっていくつかの一人称を使い分ける必要が出てきます。

一人称の使い方によって話し手の印象が大きく変わるため、ビジネスマンなら正しく使えるようにしておきたいものです。

一人称の種類

それでは、ビジネスシーンで使われる主な一人称を見ていきましょう。

私(わたくし)

「私(わたくし)」は、ビジネスシーンにおける最もオーソドックスな一人称です。男女問わず使えて、相手にきちんとした誠実な印象を与えることができます。

ただし、親しみやすさはないので、くだけた雰囲気の飲み会や同年代同士の会話では「私(わたし)」や「僕(ぼく)」にするなど、場によって使い分ける必要があるでしょう。

就職活動を行う学生さんにも覚えておいていただきたい表現です。

私(わたし)

「私(わたし)」は「私(わたくし)」より、少しカジュアルなイメージになる一人称です。

会議などのきちんとした場面ではもちろんのこと、取引先との食事の場で使っていてもおかしくありません。かしこまりすぎず、とても使いやすい一人称です。

自分(じぶん)

「自分(じぶん)」は、はきはきとしていて上下関係を重んじている印象を与える一人称です。エネルギッシュなイメージになります。

体育会系の部活などでよく使われる表現ですが、ビジネスシーンでは使うべきでないという考え方もあるため、注意が必要です。

僕(ぼく)

「僕(ぼく)」は、柔らかくカジュアルな印象を与える一人称です。

家族や友人と話しているようなイメージになるので、緊張感のあるビジネスの場では避けた方が無難です。

しかし、親しみやすさがある表現なので、何気ない会話や食事の場で上手に使えると、周囲の人との距離を縮めることができるでしょう。

小生(しょうせい)

「小生(しょうせい)」は、へりくだった一人称です。

へりくだりの表現と言っても、目上の人に対して使ってはいけません。「対等、または目下の人に対するへりくだりの表現」という解釈が一般的です。

こんなときどうする?

メールでの一人称は?

メールでは、基本的に「私」を使うようにします。落ち着いた文章になり、相手に誠実で丁寧な印象を与えることができます。

また、自分の属している団体単位で一人称を使用したい場合は、「当方」と表します。これに対して相手の属している団体のことを「先方」と表します。

自分の所属している会社を表したい場合は、「弊社」や「当社」を使用します。

英語でビジネスメールを書くときの一人称は?

グローバル化が進み、国際的なやり取りをすることが以前よりも増え、英語を使用して文書を作成する機会が増えてきたのではないでしょうか?

基本的には、英語のメールなら一人称は ” I “ でOKです。

また相手のことは、相手の宛名が分かる場合は ” Dear M r. /M s.~ “を使用します。

英語は日本語のようmに人称の種類が豊富ではありませんので、その点では迷わずに文書を作成できるのではないでしょうか?

おわりに

いかがでしたでしょうか?
この記事では、ビジネスマンが使用すべき一人称をご紹介してきました。

ビジネスシーンでは「私(わたし)」「私(わたくし)」を使用するのが一般的です。ぜひビジネスシーンで役立ててみてくださいね。

関連記事