空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスマナー

社会人基礎力とは?主体的に学び続ける力で人生100年時代を生き抜く

あなたは「社会人基礎力」という言葉を聞いたことがありますか?

仕事に限らず、何かを達成しようとするときに必要になるのが「社会人基礎力」です。

「社会人基礎力」とは、2006年に経済産業省が提唱した能力で、人が職場や地域社会において多様な人々と共に仕事をしていくために必要な基礎的な力のことをいいます。

今回は、今「社会人基礎力」が注目されている理由、「社会人基礎力」の内容、そして「社会人基礎力」を身に付けるための方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

なぜ今「社会人基礎力」が注目されているのか

今「社会人基礎力」が注目されているのは、社会人に必要な力は意識的に磨かなくては身につけることができないという見方が強くなってきたからです。

多くの人と協力して仕事を完遂するためには、主体性や協調性、情報収集力、言語化能力など、様々な能力が必要になります。

これらの力は家庭や地域、学校で培われる部分もありますが、地域コミュニティの希薄化によりコミュニケーション能力が育ちづらくなっていたり、活字離れによって読解力や言語化能力が低下してきている昨今では、社会に出る前に身につけることが難しくなってきていることも事実です。

そうなると、社会人として必要な力は各人が意識して磨いていく必要があります。そこで、その人が社会人としてどの程度の力をつけているのかを判断しやすくするために定義された指標が「社会人基礎力」なのです。最近では、新社会人〜社会人だけでなく、企業からも活用されています。

社会人基礎力を身につけるメリット

社会人基礎力を身につけることで、次のようなメリットがあります。

  • キャリアの成長スピードが早くなる
  • 働き方やキャリアの選択肢が広くなる
  • リーダーシップを取れるようになる

このようなメリットから、社会人基礎力を身につけることで仕事をスムーズにこなすことができるようになり、さらにキャリアの可能性を広げることができます。

また、就職活動や転職活動の際に、社会人基礎力を身につけていれば、採用のミスマッチを最小限に抑えられるため、採用側が採用コストを削減できるといったメリットも考えられます。

「社会人基礎力」とは?

「社会人基礎力」とは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」のこと(※1)です。

[※1] 社会人基礎力(METI/経済産業省)より

3つの力は、さらに12の能力要素に分類されます。それではここから、社会人基礎力に含まれる能力を一つひとつ見ていきましょう。

前に踏み出す力(アクション)

前に踏み出す力(アクション)とは、失敗しても粘り強く取り組もうとし、常に一歩前に進もうとする力のことです。

前に踏み出す力(アクション)は、次の3つの能力に分類されます。

  • 主体性:物事に対して自ら進んで取り組もうとする能力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ影響を与える能力
  • 実行力:目的を設定して確実に行動する能力

指示を待つだけでなく、失敗を恐れずに主体的に物事に取り組む姿勢が大切です。

考え抜く力(シンキング)

考え抜く力(シンキング)とは、あらゆる場面に疑問を持ち、問題の解決策を考え抜く力のことです。

考え抜く力(シンキング)は、次の3つの能力に分類されます。

  • 課題発見力:現状を分析し、目的や次なる課題を明確にしていく能力
  • 計画力:課題を解決するための過程を明確にして準備する能力
  • 創造力:新しい価値を創りだす能力

仕事で起きる問題は、論理的な思考だけでは解決できないことがあります。的確に課題を指摘し、解決への道筋を創造する必要があります。

チームで働く力(チームワーク)

チームで働く力(チームワーク)とは、自分以外の様々な人々と共に、目標に向けて協力する力のことです。

チームで働く力(チームワーク)は、次の6つの能力に分類されます。

  • 発信力:自分の意見を他人に対してわかりやすく伝えられる能力
  • 傾聴力:相手の意見にしっかり耳を傾けられる能力
  • 柔軟性:意見や立場が異なっても理解できる能力
  • 情況把握力:自分と周りの人々・環境との関係性を理解できる能力
  • 規律性:社会の規則やマナー、人との約束を守れる能力
  • ストレスコントロール力:ストレスを溜め込まず発散できる能力

大きな仕事をチームで成功させるためには、チーム内だけでなく、その仕事に携わるたくさんの人たちと繋がり、協力していかなくてはなりません。

人生100年時代の社会人基礎力とは

「人生100年時代の社会人基礎力」は、これからの日本が人生100年時代に突入することを踏まえ、2018年に一般社団法人社会人基礎力協議会により提言されました。

「社会人基礎力」を構成している3つの力に加えて、個人と企業・組織・社会が関わる期間が長期化してもライフステージの各段階で常に活躍し続けるために必要な3つの視点が提唱されています。

それでは、人生100年時代に必要となる3つの視点を見ていきましょう。

何を学ぶか(学び)

これまでは「教育を受けた後、就労し、引退して老後を過ごす」という人生モデルが一般的でしたが、人生100年時代を前に、積極的に複数のキャリアをもったり、学び直しながら働く「マルチステージな人生」が主流になってきました。

このような時代においては、学び続けることを学ばねばならないという気づきが必要になります。

どのように学ぶか(組み合わせ)

学び直しや転職、独立するときに大切になるのが、それまでにしてきた体験や培ってきた能力、キャリアを組み合わせて新しく学ぶことです。

どう活躍するか(目的)

所属しているコミュニティの内外で主体的にキャリアを切り開くためには、どう活躍するか?というビジョンを描き、自己実現や社会貢献のために行動することが大切です。

社会人基礎力はどうやって身に付ける?

自分の能力を把握する

社会人基礎力を身につけるために、まずは自分の得意なこと・不得意なことを把握することが大切です。

自分の能力は自分ではなかなか正しく認識できないものなので、家族や友人に聞いてみたり、社会人基礎力を診断してくれるサイトを利用するのがおすすめです。

社会人基礎力を意識して実際に行動する

自分の能力を把握できたら、次は実際に社会人基礎力を意識して動きましょう。全ての能力を一気に伸ばすのは難しいので、不得意なポイントをいくつかに絞って意識し、仕事や周囲の人とのコミュニケーションの中で実践してみます。

例えば、チームで働く力が足りないと感じるなら、周囲の人々との関わりを増やし、ゼミ等を利用してディスカッションを行うとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、人生100年時代を前に注目されている「社会人基礎力」とは何か?を解説してきました。

社会人基礎力は、学生さんや新社会人だけでなく、現代を生きるすべての大人に必要な能力です。この記事が、自分がどの程度社会人基礎力を備えているのかを考えるきっかけとなれば幸いです。

関連記事