空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスハック

ライブコマースとは?意味と方法、主要プラットフォームを解説します

「ライブコマース」は、SNSの動画配信機能などを利用して、リアルタイムで自社の商品を紹介するプロモーションの方法です。

動画でのPRが一般的になるにつれ、ライブコマースやそれに関連するサービスを提供する企業も急増しています。この流れは今後も強まっていくでしょう。

この記事では、ライブコマースの性質やメリットについて解説します。ライブコマースを行う際におすすめのプラットフォームもご紹介しますので、導入を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

ライブコマースとは?

ライブコマースとは「ライブ配信」と「eコマース(ネットショップ)」を組み合わせた言葉で、商材の販売手法のひとつです。

店舗の販売員の他に、消費者への影響力を持ったタレントやインフルエンサーが配信者をつとめる場合もあります。

ライブコマースは、自宅や電車の中など、好きな場所からアクセスできるネットショッピングのメリットと、質問やコメントをリアルタイムで投げかけられる実店舗のメリットを併せ持ったサービスです。

ライブコマースの主なプラットフォーム

ライブコマースはSNSやECサイト上で行う

ライブコマースを行うプラットフォームには、次のようなものがあります。

  • SNS
  • ECサイト
  • 自社サイト

それでは、それぞれの強みと特徴を見ていきましょう。

SNS

「Twitter」や「Instagram」などのSNSは、今や宣伝や集客には欠かすことのできないツールです。

SNSでライブコマースを行う場合、元々備わっているライブ動画機能を使って、公式アカウントなどから配信します。

SNSの投稿で自社の商品に関心を持ってくれたユーザーを購買行動へと促すことができる、合理的な方法です。

ECサイト

自社の商品を掲載しているECサイト上でライブコマースの動画を配信することも可能です。

ECサイトではお客様がカゴに入れた商品の70%は購入完了に至らないと言われていますが、ライブコマースを活用すれば、この機会損失を減らすことが期待できます。

商品の画像だけでは伝えられない情報を補足することができるため、購入を迷っているユーザーの後押しを効果的に行えるでしょう。

自社サイト

自社サイトをプラットフォームとして展開するライブコマースでは、他のどのプラットフォームよりもブランドのオリジナルな世界観を表現できるでしょう。

サイトを立ち上げるまでのコストはかかりますが、集客をきちんと行うことができれば、競合ブランドへユーザーが流れてしまう事態を防ぐことができます。

ライブコマースのメリット

ライブコマースのメリットは次の3つです。

  • リアルタイムでやりとりができる
  • SNSとの相性が良い
  • 非接触型の接客ができる

視聴者とリアルタイムでやりとりができる

ライブコマースの魅力は、文字や写真では伝えきれない商品の魅力をリアルタイムでアピールできるところです。

店舗での接客と同様にリアルタイムで質問に答えられるため、消費者が購入をためらっている理由を解消し、購買への最後の後押しを行うことができます。

SNSとの相性が良い

普段からSNSで自社の商品をPRしている企業の場合、SNSで関心のあるユーザーを集めてライブコマースで商品をより深く理解してもらうという理想的な流れを作り出すことができます。

SNSでのアピールがしやすいファッションやメイクなどのジャンルは特にライブコマースとの相性が良いと言えるでしょう。

非接触型の接客ができる

新型コロナウイルス感染症の流行により、できるだけ接触を避けた状態でのサービスが好まれるようになりました。

ライブコマースは非接触型のサービスでありながら多くの情報を提供することができるため、これからの時代にマッチしている宣伝方法だと言えます。

まとめ

この記事では、ライブコマースの意味やメリットについてご紹介してきました。

ライブコマースは今後さらに拡大していくPR方法です。各プラットフォームの特徴を理解し、効果的に取り入れてみましょう。

関連記事