空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスアイテム

ビジネスマンが履くべき靴下は何色?見えないところまで気を配ろう

靴下は見えないからと言って気を抜いてはいけません。お辞儀をした時、かがんだとき、座った時、意外と人の目に触れやすいので、配色を間違えると全体のバランスが崩れて見えてしまいます。

今回の記事では、ビジネスシーンに最適な靴下の色を、それぞれの特徴を踏まえながらご紹介していきます。ビジネスシーンに合う靴下選びの参考にしてみて下さい。

ビジネスマンが靴下で選ぶべき色とは

ビジネスマンが履くべき靴下の色は、

  • ネイビー
  • ブラック
  • ブラウン
  • グレー

などのベーシックカラーです。 スーツの色にマッチして、明るすぎないトーンのものを選びます。

NGな靴下の色は「白」

ビジネスマンが避けるべき靴下の色は「白」です。

この色は、学生らしい印象を与えてしまい、ビジネスマンにそぐいません。

また、汚れやすく、黒やグレーなどの色味が多いスーツと反対色なので、悪目立ちしてしまいます。白色の靴下は避けるようにしましょう。

【スーツの色別】靴下の色の選び方

ブラックのスーツの場合

黒いスーツの場合は、同じ黒の靴下を選ぶのが無難です。靴の色味によっては、ダークブラウンなど少し遊び心をもって靴下を選ぶのもありでしょう。

黒で統一することで全体的にスタイリッシュな印象を与えてくれます。すっきりとコーディネートをまとめたい人には、黒色がおすすめです。

ネイビーのスーツの場合

ネイビーのスーツの場合は、靴との中間の色を選びましょう。 黒い靴の場合は濃い紺、茶色い靴の場合は濃紺やダークブラウンなどです。

ネイビーカラーには茶系の色味がよく似合います。ネイビーと茶色で合わせるか、ネイビーカラーで統一するかして、ネイビーのスーツを着こなしましょう。

グレーのスーツの場合

グレーのスーツの場合は同系色のグレーの靴下を選ぶと良いでしょう。

グレーにも明るいものや暗いものなどトーンが豊富にあります。自分の持つグレーのスーツと合わせてみて、なるべくダークトーンで違和感のないものを選ぶと良いでしょう。

また、靴の色と合わせるのも1つの手です。

おわりに

今回の記事では、「ビジネスマンが履くべき靴下の色とは?」という疑問にお答えしてきました。

靴下はあまり見えない部分だからこそ、かがんだときや、座った時にちらっと見える靴下の色が全体の印象を左右します。気を抜かずに選びたいですね。

関連記事