空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスアイテム

ビジネスマンがもつべき名刺入れの色

色で成果が変わる!ビジネスマンが持つべき名刺入れの色は?

名刺入れは、仕事の成果を左右する重要なアイテムです。この記事では、名刺入れの色選びが大切な理由と、ビジネスマンが持つべき名刺入れの色をご紹介していきます。

名刺入れの色選びが大切な理由

名刺入れがビジネスマンの第一印象を決める

名刺入れは、まだ会って間もない相手に見られるアイテムです。

ですから、第一印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。

スーツや靴に気を使っていても、ポケットから出した名刺入れがイマイチでは第一印象はぼやけてしまうでしょう。

逆に言えば、TPOに合った名刺入れをスマートに取り出すことができたら、ビジネスマンとしての印象は格段にアップします!

持ち物の色がビジネスマンとしての印象を左右する

名刺入れを選ぶ基準は素材やデザインなど色々ありますが、やはり真っ先に目に入るのは、色。

名刺入れをポケットから出した瞬間にパッと相手の目に入る色によって、ビジネスマンとしての印象は大きく左右されます。

色の効果を使えば

  • しっかりしたビジネスマンのイメージ
  • 自信があるビジネスマンのイメージ
  • 堅実なビジネスマンのイメージ

相手にこんなイメージを持ってもらえるかもしれません。

ここからは、ビジネスマンにおすすめの名刺入れの色をご紹介していきます。

オーソドックスな名刺入れの色

どんなビジネスシーンにも通用する「ブラック」

何色を選べば良いのか不安な人は、ブラックの名刺入れを選べばまず浮くことはありません。あらゆるビジネスマンにおすすめの定番カラーです。

ブラックが与える印象は、高級感や自信。

ビジネスマンに必要な落ち着いたイメージを演出できるブラックの名刺入れですが、素材によって少し異なる印象を与えます。

  • 光沢のあるブラック:より高級感のある印象
  • マットなブラック:堅実な印象、優しい印象

業種や年代を問わず様々なビジネスシーンに馴染む色ですが、演出したいイメージによって素材を吟味して選びましょう。

柔らかさや安心感をプラスする「ダークブラウン」

ブラックではカッチリしすぎてしまう…もう少し馴染みのいい色の名刺入れを使いたい場合は、ダークブラウンがおすすめです。

ブラウンは、落ち着いた優しげな印象、安心感、安定感を与えます。

ブラウンは濃淡によって印象が変わってくるため、ビジネスシーンで使う場合は黒に近いダークブラウンを選びましょう。明るいブラウンはカジュアルな印象を与えます。

【上級編】差し色になる名刺入れで印象チェンジ!

ここからは「ブラックやブラウンといった定番色以外の色の名刺入れを持ちたい!」という方に向けて、おすすめの色を、もたらす効果も合わせてご紹介していきます。

グリーン

グリーンの名刺入れが与える印象は

  • 安らぎ
  • 調和
  • 癒し

などです。

ビジネスシーンに合うようなダークグリーンなら、洗練された印象も感じられます。相手に安心感を与えつつも、自分をしっかり持っているというイメージを演出できます。

ブルー

ブルーの名刺入れが与える印象は

  • 知性
  • 気品
  • 堅実

などです。清潔感のある色なので、うまく取り入れられればビジネスシーンにもぴったりなカラーです。

知的なイメージを演出することができますが、品のある発色のものを選ばないと子供っぽい印象になりかねないため、実は上級者向けです。

ピンク

ピンク色の名刺入れが与える印象は

  • 華やかさ
  • 上品さ
  • 繊細さ

などです。スーツスタイルに合わせるには難易度が高いカラーですが、上品さや繊細さを表現できるため、ビジネスシーンには効果的な色です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

名刺入れの色選びは、ビジネスシーンにおいてどのような印象を演出するのかを決める重要なポイントです。

TPOや演出したいイメージに合った名刺入れを手に入れて、自信を持って仕事に臨みましょう!

関連記事