空間有効活用のエキスパート リブマックス

ビジネスアイテム

ビジネスマン必見!機内持ち込みOKなスーツケースとは?

国内・国外問わず、飛行機で出張しなければならないことも多いビジネスマン。今回は、スーツケースの機内持ち込みの基準と、機内持ち込みできるおすすめのスーツケースをご紹介します。

機内持ち込みとは

飛行機では、規定サイズを満たした荷物を座席に持ち込むことができます。

荷物を預けずに座席に持ち込むメリットは、飛行機を降りた後すぐに空港を出られるところ。荷物を受け取る時間を省けるので、時間を有効活用することができます。

座席に持ち込めるサイズには上限があるため「機内持ち込みできるサイズか?」というのが、スーツケース選びの重要なポイントのひとつになっているのです。

主要航空会社の機内持ち込みの基準

主要航空会社の機内持ち込みの基準は以下のようになっています。

航空会社持ち込み可能な総重量サイズの規定
ANA 国内線10kg以内縦・横・高さの合計が115cm以内
※100席未満のフライトの場合は100cm以内
ANA 国際線10kg以内縦・横・高さの合計が115cm以内
JAL 国内線10kg以内3辺が、55cm×40cm×25cm以内
※100席未満の飛行機の場合は45cm×30cm×20cm以内
JAL 国際線10kg以内3辺が、55cm×40cm×25cm以内

出典1:機内持ち込み手荷物のサイズ(スーツケース/キャリー) | ご旅行の準備 [国内線] | ANA
出典2:機内持ち込みお手荷物(お手荷物) – JAL国内線

その他の航空会社

LCCと呼ばれる格安運賃の航空会社は、小さい機体を使っていることもあり、主要航空会社よりも持ち込みの制限が厳しいことがあります。

重量も制限があり、少ないところだと5kgまでという航空会社もあります。規定のサイズ・重量をオーバーすると追加料金が必要になるので、注意しましょう。

それでは、ここからは機内持ち込みできるおすすめのスーツケースをご紹介していきます。

機内持ち込みOK!おすすめのスーツケース5選

プロテカ

プロテカは、バックの老舗メーカーであるエースから展開された日本のブランドです。頑丈な作りと日本ならではの行き届いた設計で、世界中からも注目を集めています。

機内持ち込みできるおすすめスーツケースは、「MAXPASS SOFT 2」です。
シンプルなデザインで、目一杯荷物を入れることができます。A4サイズの収納が出来るポケットがついており、本や書類の出し入れに便利です。

[プロテカ] スーツケース マックスパスソフトトローリー サイレントキャスター 日本製 機内持込可 40L 47cm 2.7kg 12732

¥44,280 (19/05/15時点)

サムソナイト

サムソナイトは、1910年、アメリカ・コロラド州で誕生したブランドです。
現在では世界NO1シェアを誇るほどにまで大きく成長を遂げました。

「アスフィア」は四輪のソフトキャリー。機内持ち込みサイズですが、旅行先で荷物が増えてしまっても安心の収納容量を備えています。

[サムソナイト] スーツケース アスフィア スピナー55 機内持ち込み可 39L 55cm 2.4kg 56403 国内正規品 メーカー保証付き

¥20,410 (19/05/15 時点)

デルセー

デルセーは、フランスのスーツケースのブランドで、1946年に設立されたブランドです。

紫外線から本体を守るハードケースは、寒さや暑さにも強い素材を使用しています。
また、丸みをおびたレトロなデザインは、一流ビジネスマンに似合うクラシカルな雰囲気を漂わせています。

DELSEY デルセー スーツケース シャトレ ハードキャリーケース キャリーバッグ CHATELET HARD+ ストッパー機能 機内持ち込み

¥30,240 (19/05/15 時点)

アメリカンツーリスト

アメリカンツーリストは、1933年にアメリカで誕生したブランドです。

ダイヤモンドカットが全体に施されたこだわりのあるハードケースは、目を引く華やかさ。カラーリングも様々ですが、ビジネスシーンには黒・白・グレーがおすすめです。

[アメリカンツーリスター] スーツケース クリスタライト スピナー50 機内持ち込み可032L 46 cm 2.8 kg 60688 国内正規品 メーカー保証付き

¥13,608 (19/05/15 時点)

ヒデオワカマツ

ヒデオワカマツは、機能美を大切にしている日本のブランドです。
デザイナーの若松秀夫は、グッドデザイン賞を数多く獲得するなど、高い評価を得ています。

機内持ち込みサイズのコンパクトなハードケースの中に、荷物を綺麗に整理整頓できるようにベルトや仕切りが装備されています。
サイレント車輪を使用しており、耳うるさい走行音で悩まされることがないのも高ポイント。

[ヒデオワカマツ] HIDEO WAKAMATSU スーツケース マックスキャビン2 50cm 42L 機内持ち込み可 ポリカーボネート100%

¥16,200 (19/05/15 時点)

おわりに

「機内に持ち込み可能なスーツケースは何を選べばいいの?」
「機内に持ち込み可能なスーツケースのサイズや容量の目安は?」
というビジネスマンの抱える悩みにお答えしました。参考になったでしょうか?

出張で飛行機を頻繁に使用する方や、荷物の預ける時間、受け取る時間のタイムロスを解消したい方は、機内持ち込みできるスーツケースを手に入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事